2015年05月08日
毎度おなじみエゾアオカメムシ

まあ、これに会わないと春が来た気がしません。右脳的には緑のカメムシ。


毎度おなじみエゾアオカメムシ

葉の上にいるときは気がつきにくいですが、葉の縁にいるときはその特徴ある輪郭で気づきます。肩張りすぎw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年05月08日
アブラバチに寄生されたアブラムシ

野原風花壇もクローバーの森と化し、様々な昆虫の隠れ家が出来上がりました。


アブラバチに寄生されたアブラムシ

そんな中、クローバーの葉の上に白くて大きなアブラムシがいました。体長は3mmぐらいもあります。
日当たりの良い目立つ葉のど真ん中に居座り、明らかに不自然な様子。

アブラバチに寄生されたアブラムシ

しかも、なぜかピクリとも動きません。複眼も色が抜けたように体と同じ色になっています。
葉っぱをゆすっても落ちることもなく、このような状態のアブラムシが30平方センチメートル内に3匹いました。


アブラバチに寄生されたアブラムシ

子を産むアブラムシにも見えますが、このアブラムシの体の中ではアブラバチの幼虫が育っているはずです。これは、アブラバチに寄生されたアブラムシです。
よく見ると脚の先が浮いており、マヒ状態かすでに死んでいる状態です。この状態でなぜ葉から落ちないのかは不明。

緑色の大きなクローバーの葉の上に黄色い点があるので、はじめは新葉の芽の皮でも落ちているのかと思いました。しかし、よく見るとそれは丸く、さらによく見るとアブラムシだったわけです。
春の行楽日和に花壇にしゃがんでじっと動かない自分は、もはや昆虫に精神的な寄生をされているのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る