2015年05月13日
アブラバチ羽化不全→オペ

野原風花壇のクローバーの葉っぱの上で、アブラバチに寄生されたアブラムシを再度発見。しかも、黒い触角がピヨンピヨン動いています。今まさに羽化の瞬間に出会ったわけで、葉っぱごと採取して室内で観察することにしました。


アブラバチ羽化不全→オペ

アブラムシの体長は約3mm。前回と同じです。


アブラバチ羽化不全→オペ

背中の殻に穴をあけ、触角を出しています。複眼も見えます。


アブラバチ羽化不全→オペ

Mの字型に穴をあけています。この状態で出てくるのを待つことにしました。
しかし、数時間経っても状況に変化が無く、もう一度見てみることにしました。


アブラバチ羽化不全→オペ

この状態で動かなくなっていました、昆虫の触角が丸まるのはかなりの確率で死を意味します。
間に合うかどうかわかりませんでしたが、緊急オペを実施することにした次第。
カメラの拡大を最大にして照明を当て、液晶を見ながら虫ピン2本で殻を切開しました。


アブラバチ羽化不全→オペ

除去した殻。


アブラバチ羽化不全→オペ

時すでに遅し。アブラバチは体を丸めて息絶えていました。


アブラバチ羽化不全→オペ

黒いものは幼虫時代のフンかサナギの殻だと思います。

多くの昆虫の羽化は、サナギの硬い殻を破って柔らかい体を出す行為です。このアブラバチの場合は、自らのサナギの殻を破り、その後にアブラムシの殻を破らなければ出てくることができません。
オペの際に虫ピンでアブラムシの殻に触れたのですが、パリパリした触感でした。針先でこういう触感があるということは、アブラバチにとってはかなりの硬さであったはずです。その殻をかじるのかどうか分かりませんが、穴をあけて出てくるということは相当な重労働だと思われ、今回のように力尽きることもあるのかもしれません。
人間にとってはアブラバチは益虫に属するはず。アブラムシ駆除を目的とした子孫繁栄のために庭に放す予定でしたが、残念な結果となりました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年05月13日
ユスラウメにもマイマイガ襲来

ますます葉が茂るユスラウメ。小枝も15cm以上伸びています。


ユスラウメにもマイマイガ襲来

花が散った後にできた実も膨らんできました。


ユスラウメにもマイマイガ襲来

しかし、よく見ると食痕がある葉っぱがけっこうあります。


ユスラウメにもマイマイガ襲来

探してみたら、マイマイガの幼虫を発見。見える所だけでも4匹いました。
今年のマイマイガは多いです。なんでも食べる幼虫なので、どの植物の葉にも穴が開いています。
見つけ次第補殺となるわけですが、おそらく終齢幼虫の時期まで続くでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(2) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
2015年05月13日
今日の赤ちゃんカタツムリ

ちょっとだけ大きくなりました。殻の直径は約4mm。1mm成長しました。


今日の赤ちゃんカタツムリ

そろそろ外の世界が気になり始めたようです。


今日の赤ちゃんカタツムリ

レタスの柔らかい部分もかじれるようになり、キュウリの表皮もかじったりしています。
全体的に黄色い殻をしていますが、筋はまだ見えてきません。筋ありか筋無しかは、だいたい殻が1cmくらいになったころに確定できると思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る