2015年05月18日
ヒメフンバエ登場

ずいぶん黄色いシオヤアブだなと思ったらヒメフンバエでした、体長は1cmぐらい。オスです。


ヒメフンバエ登場

黄色く毛深い大型のハエ。ひんぱんに現れる昆虫でもないので、発見時は軽く驚きます。
脚のトゲトゲは肉食の証拠。トンボなども同じような脚をしています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年05月18日
トウガラシは180度で2本あるいは120度で3本のパターンで枝を広げていくので、支柱の立て方にひと工夫必要です。枝が弱いので「釣る」という支え方も必要となりますが、昨年は「釣る」を多用しすぎてヒモだらけになってしまいました。
なので、今年は広がる枝を少しでも素直に支えたいというわけで、広がる支柱を組んでみました。
以後このパターンでいくと思うので、ここで自分用の備忘録な次第。ちなみに2株植えるための組み方。


トウガラシ支柱の備忘録

【左】全体像
「釣る」のために長い支柱を2本。他は枝のための支柱。角度を浅くしたいが設置スペースのためにこれが限度。植える場所は長丈支柱の内側。奥行きはセンター。
【右】支柱下部
長丈支柱はプランター底まで到達。他は培養土上面で固定。


トウガラシ支柱の備忘録

【左】正面図
ミニトマトやエダマメ、ダイコンや小カブが隣接する可能性が高いので、広がりはこれで限界。
【右】側面図
ベランダの柵にぶつかるのでこれで限界。


トウガラシ支柱の備忘録

下部固定状況
支柱の垂直や対称優先で固定部を決定。


トウガラシ支柱の備忘録

ヒモ取り付け状況
くの字の対称。各部にやや張力を持たせて固定。生長具合を見ながらヒモを適時追加。


トウガラシ支柱の備忘録

昨年使用した支柱。基本的に奇数で枝分かれするので、平面的支柱は適しない。サヤエンドウのようなものにはいいかも。
トウガラシは寒さに弱いので、5月に苗を買っても夜の寒さでかなり弱る。6月になってから苗を買うのがベスト。5月に苗の販売が始まるが6月にもう一度販売されるので、それを買うこと。昨年のさっぽろ品種は大型種で大変なので、当初の地元品種が最適である。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年05月18日
2015年ベランダ菜園計画書【決定】

ここで計画書を載せましたが、埋めるところを埋めて再発行。今回のものが正式版となります。
はつか大根やサラダミックスは1か月ほどで収穫期になるので、種蒔きと収穫を繰り返すスタイル。

培養土は、ゴールデン粒状配合培養土にマイガーデンベジフルとカキ殻石灰を混ぜたものを基本とします。
1シーズン2品種のプランターは、後期のものも始まる前に上記を再配合して使う次第。
培養土の再利用時は、残った根っこをできるだけ取り除いて上記を配合。特に殺菌処理などはしていません。

ちなみに「ゴールデン粒状配合培養土」は「ゴールデン粒状培養土」とは別のもので、普通の培養土にゴールデン粒状培養土が混じっているいわゆる安いバージョン。高級なゴールデン粒状培養土100%のものとは違います。「ゴールデン粒状培養土」は水を含むとかなりの重量になり、ベランダという設置場所を考えて少しでも軽くしたかったわけです。

今年も完全無農薬栽培を実現し、虫のお客さんや発生する病気などと格闘しつつ楽しみたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る