2015年05月19日
冬眠柿の種の目覚めと種蒔き

冷蔵庫の中で寒さに当てて仮想冬を経験させていた4個の富有柿の種。そろそろ種蒔きの季節なので取り出しました。


冬眠柿の種の目覚めと種蒔き

表面に白いカビが少し発生していましたが、悪性のカビではなかったので洗い流して放置。


冬眠柿の種の目覚めと種蒔き

室内の温度で約1週間後に3個の種から根が出てきました。残る1個も膨らんでいるので大丈夫そうです。


冬眠柿の種の目覚めと種蒔き

小鉢に蒔いて発芽待ち。発芽後は大きな鉢に植え替えます。


冬眠柿の種の目覚めと種蒔き

前に発芽して育成中の富有柿の苗。いろいろ変化がありました。


冬眠柿の種の目覚めと種蒔き

@大きめの葉が落葉。原因は葉の先の枯れが進行したことによるものです。
A同じような症状が他の葉にも出ています。葉の先の生長が停止して硬化するので、葉の全域の生長とともに丸まっていきます。
Bさらに他の葉にも同じ症状が発生。
C葉の端が黄色くなる現象も全体に発生中。
もし栽培方法が原因なのであれば、初めて液肥を与えた時のタイミングと合致します。そんなわけで大量の水で土の中の肥料分を洗い流しました。また、土や根の状況を考えてひとまわり大きい鉢に植え替えました。
D@の発生直後に1段下に出てきた脇芽が急速に生長中。枝になりそうです。
E最下段の葉にしみ発生。

現在は半日蔭に置いていますが、環境の変化による小さな変化は今後もある気配。徐々に日光に当たるような場所に移動したいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 富有柿 | 更新情報をチェックする
2015年05月19日
オタマジャクシ乱舞

『ぁぃさん、ヒキガエルさんの子どもがいっぱいいるお!』

どれどれと水面を見てみたら…


オタマジャクシ乱舞

ちょw 海苔の養殖かと思いました。


オタマジャクシ乱舞

呼吸困難に陥りそうなのが1匹いますなw


オタマジャクシ乱舞

よく見ると足が生えそうになっている個体もいます。


オタマジャクシ乱舞

ホソミオツネントンボもまだ産卵期のようです。ちなみに7組のペアが写っています。


オタマジャクシ乱舞

こちらでは、アメンボが水面に落ちた蛾を捕食中でした。
大きな池や沼に来ると、たくさんの生き物を見ることができます。生息地は生活地であり、オヤマジャクシにとっては大人になったときに帰るべき故郷です。
人間は陸地を増やすために田んぼや沼や海を埋め立てたりしますが、うまくバランスをとりながら住みよい街ができていけばいいなと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | カエル | 更新情報をチェックする
2015年05月19日
ビックリグミの葉を巻く謎の幼虫

毎年甘い液を葉っぱから出すのでアリやアブラムシがわんさか集まるビックリグミですが、葉っぱが十数枚ほど丸められていたので開いてみました。


ビックリグミの葉を巻く謎の幼虫

こんな幼虫出現。体長は1cmほど。気が強い幼虫のようで、ヨトウムシのように威嚇してきます。


ビックリグミの葉を巻く謎の幼虫

調べてみましたが、名称不明。メイガかハマキガ系の幼虫にも似ています。


ビックリグミの葉を巻く謎の幼虫

けっこう特徴のある体つきなのですが、毒を持っていたらアレなのでこれ以上は詮索しないことにしました。自然界では、不明は危険なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年05月19日
しばし休息ナミテントウ

冷えた夜の翌日が暖かい気温の場合、日なたの葉の上では必ず誰かが日光浴をしています。
いつもはアブラムシを休みなく食べているナミテントウも、この日はのんびり日光浴中でした。
体が温まったらアブラムシのいそうなところに飛んで行くんでしょうな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る