2015年06月22日
ユスラウメの収穫

例のごとく、親が勝手に採って勝手に食ってるわけですが、これだけ採れたそうです。
5〜6個食べてみましたが、完熟状態で甘さも程良くありました。
味はサクランボに比べると勝ち目はありませんが、気軽なおやつとしてはいい実だと思います。
木を見たらまだけっこう実が付いてたので、今回と同レベル以上の量はまだ採れそうです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
2015年06月21日
イチゴを食べるカタツムリ

観賞用の四季なりイチゴの実も熟してきたので、カタツムリにもおすそ分けしました。


イチゴを食べるカタツムリ

純・筋無し卵の赤ちゃんも、初めての甘さに驚いているようです。


イチゴを食べるカタツムリ

老夫婦の2匹は、目だまを下げてニッコリ感謝(^O^)


イチゴを食べるカタツムリ

筋あり4兄弟は遊びに夢中。もう親なのですがw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年06月21日
真っ赤な実のユスラウメ

ユスラウメの実もすっかり赤くなり、春が終わろうとしている雰囲気です。


真っ赤な実のユスラウメ

横へ上へと枝を伸ばし、どんどん茂っています。
この時期でこの茂りなので、春前の剪定はさらに深くしないといけないと思うわけです。もちろん、それと同時に翌年の花や実の数は減りますが、サイクルの底辺を見たい気持ちもあります。
底辺が見えれば頂点も見えてくるので、翌年の花や実の数を剪定の仕方で思うように制御できるようになるのかなとも思います。
まあ、何事にも限度があるので、強剪定で弱らせないようにする配慮は必要です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
2015年06月20日
ナガチャコガネの交尾

パラッと雨が降ってやんだ夕方、突如として庭にナガチャコガネが大量に出現しました。場所はシバザクラ付近。見えただけでも3〜40匹はいました。


ナガチャコガネの交尾

そしてあちらこちらで次々に交尾。相手を求めてブンブン飛ぶ個体も多数確認。
アリなどは湿度が高くて風の弱い日に結婚飛行をしますが、コガネムシも湿度が高かったので現れたのかもしれません。


ナガチャコガネの交尾

せっかくなので記念撮影開始。


ナガチャコガネの交尾

体長は1cmちょっと。つるつる感のある体をしています。


ナガチャコガネの交尾

肉眼では、ここに少し毛があるのが見える程度。


ナガチャコガネの交尾

ずんぐりむっくりの体型。コガネムシの中でも、かなり丸い体型だと思う次第。
いろいろ調べましたが、ナガチャコガネの幼虫はシバザクラの根っこも食べるようです。ということは、庭のシバザクラの土の下でナガチャコガネが繁殖しているのかもしれません。
今年の春のシバザクラには異常はありませんでしたが、もし枯れてくるようであれば処置が必要になるかも。
捕まえて飼ってもいいのですが、潜ってばっかりの虫なのであまり面白みはありませんw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年06月20日
名称不明のクモの赤ちゃん

名前はわかりませんが、かっこかわいいクモの赤ちゃんがいました。体長は2mmぐらい。
角度を変えてもっと撮ろうとしましたが、すかさず逃亡。相変わらず目はいいようです。
タグ:クモ 蜘蛛
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年06月19日
第2段は現在6匹が孵化

ここで2匹が孵化していましたが、今日までに6匹になりました。
新鮮な水が必要そうなので、とりあえず別ケースに移動。念のためレタスもいれました。


第2段は現在6匹が孵化

前回同様、純・筋無し卵からの孵化ということで赤ちゃんの殻には筋が見当たりません。
ただ、体の色には個体差があるようで、右の個体はかなり色素が薄いです。謎が謎を呼ぶカタツムリ飼育なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。