2015年06月28日
ミニトマトの初収穫と四季なりイチゴの整理

かなり前から第1花房の何個かが赤くなっていました。全部赤くなるのが揃うのを待っていましたが、熟しすぎてもアレなので収穫することにしました。


ミニトマトの初収穫と四季なりイチゴの整理

2本植えていますが、それぞれの第1花房から3個ずつ合計6個。
さっそく食べてみましたが、糖度も高くて風味も強め。かなりおいしい出来になっていました。


ミニトマトの初収穫と四季なりイチゴの整理

ひとつの花房の中での実の膨らみ方に個々の差があります。寒い日もあったので活動が緩んでたのでしょうか。このあたりは不明。


ミニトマトの初収穫と四季なりイチゴの整理

四季なりイチゴも収穫最終回。何個か採ったあと、古い葉と実の枝を除去しました。
実ができなかった部分もけっこうありましたが、全く膨らむ気配も無かったので、恐らく株自身が制御したのかも。
古い葉や実の枝を除去したのは、株の根元の風通しを良くするため。イチゴは込み合って風通しが悪くなるとカビや病気が発生することがあります。梅雨に入って湿度が高めの日が続くと思われるので、いまここで切ったわけです。


ミニトマトの初収穫と四季なりイチゴの整理

根元すっきり状態の5株。かなり切ったように見えますが、新しい葉がすぐにどんどん出てくるので、またすぐ込み合うでしょう。
下の孫株を4株にしたのは、上の5株状態がやや込み合いすぎたので余裕を持たせました。孫株は葉が4枚くらいになったらランナーを切って独立させる予定。
今年はおいしいイチゴをたくさん食べることができ、このイチゴたちには本当に感謝している次第。重労働だったと思うので、お礼肥をしてゆっくりしてもらいたいと思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。