2015年07月24日
お控えなすって!のナミテントウ

お控えなすって!
わたくし、生まれも育ちもみちのく岩手。
朝顔夜露で産湯を使い、 姓は並、名は天道、人呼んで "ナミテントウ" と発します。
失礼ながら、お手前は?

ぁぃさんですよー(^O^)


お控えなすって!のナミテントウ

朝顔の 花はまだかと 待ちわびる 天道虫の 下に咲く花w
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年07月24日
ムシヒキアブ参上

トゲトゲ脚と口元の針。ムシヒキアブです。超肉食性。


ムシヒキアブ参上

色合いがマガリケムシヒキに似ています。


ムシヒキアブ参上

飛翔パーツを背中に乗せているような筋肉質な体。女王アリも似たような体形をしています。
歩くことや獲物をつかむことを考えれば脚を動かす筋肉も多くなるので、飛ぶための筋肉は本来の胸部に収まりきれなかったのかもしれません。トンボはスッキリ収まっていますが、そもそも小型のハエや蚊が獲物になるので、脚力はそれほど必要ではなかったのかも。しかも肉をかみ砕くので、獲物は急速に動かなくなります。ムシヒキアブは獲物の体液を吸うので、しばらくは獲物が暴れそうです。
昆虫の体型を見ていると、あちこちにそれなりの理由が見えてくるかんじがするのでおもしろいわけです。ただ、それが正しいかどうかはまた別の話になりますが。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年07月24日
掘り進みやすいセマダラコガネの後ろ脚

めずらしく葉の上を徘徊していたのは、脚を上げて怒るセマダラコガネ。


掘り進みやすいセマダラコガネの後ろ脚

両後ろ脚を上げて怒っていますw


掘り進みやすいセマダラコガネの後ろ脚

この脚をよく見ると、地面の中で土を後ろに押しのけやすいようなトゲの生え方をしています。
シャベルのような前脚で土を掻き分け、シャベルのような後ろ脚で土を押しのけながら前に進むわけで、生き物の形を見ればその生態がわかる典型的な例ですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る