2015年07月28日
確保中のウワバ幼虫が羽化

ここで確保していたウワバの幼虫とサナギですが、2匹が羽化しました。右端と左端にいます。


確保中のウワバ幼虫が羽化

裏側から見たところ。特に特徴はありません。


確保中のウワバ幼虫が羽化

こう見るとはっきりしますな。やはり、ウワバ系の蛾です。調べてみたら、タマナギンウワバが一番近かった次第。羽根の紋が特徴的です。毒々しいですが、毒は無いようです。
■追伸
コメント欄でtakaさんがミツモンキンウワバであることを教えてくれました。
度々のご指摘、ありがとーございました(^O^)/


確保中のウワバ幼虫が羽化

触角を見ると、孵化した2匹はどちらもメスです。非常におとなしくて動きませんが、ライトを当ててしばらくすると羽ばたき始めます。


確保中のウワバ幼虫が羽化

2匹のサナギの抜け殻をちょっと見てみます。


確保中のウワバ幼虫が羽化

この2つがマユの中にありました。下のものは幼虫の皮です。


確保中のウワバ幼虫が羽化

幼虫の皮の頭部。この口でエダマメの葉っぱを食べていたわけです。丸いビーズ状のものは単眼の跡。手前に写っているのは左前脚の部分。


確保中のウワバ幼虫が羽化

あらためてサナギ。サナギはグロいのですが、たぶん美しすぎるのでグロいんだと思います。


確保中のウワバ幼虫が羽化

サナギのときも呼吸するわけで、粒々に見えるのが気門。
幼虫からサナギへ、サナギから成虫へ。昆虫のほとんどは変態をしますが、あらためて目の当たりにすると昆虫はとんでもないことをしているなとつくづく感じる次第。そう考えると、人間なんて超原始的な生き物です。ただ大きくなるだけですから。
まあ、脳や指先が異常に発達していびつな生き物になったわけですが、これははたして本当に進化なのかと思うわけです。強いて言うなら順応しただけかもしれません。
前足が地面から離れたせいで前足の指がよく動くようになり、その他の体の部位も変化し、それでまた脳が発達する連鎖反応がいまだに続く人類。
キーボードを打ち続けて5本指がさらなる発達を続けるのかと思ったらスマホの登場。これでは人差し指だけが異常に発達しかねないわけで、まさにETになる運命なわけですw


確保中のウワバ幼虫が羽化

翌日、3匹目が無事に羽化し、これで全数が羽化したので放す前に記念撮影をした次第。結局、3匹ともメスでした。


確保中のウワバ幼虫が羽化

上から撮ってなかったので撮影。


確保中のウワバ幼虫が羽化

紋のアップも撮影。
口元がチョウのように丸まったストロー状になっていたので調べてみたら、成虫になっても花の蜜などを吸って生きるそうです。意外と庶民的な蛾ですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年07月28日
ベランダではない場所のエダマメを収穫

ベランダで栽培中のエダマメの苗を買った時、ミニポットに3〜4本の苗が植えてありました。ベランダでは苗を2本ずつ植えたので余った苗があったわけです。
その苗を別のプランターに植えて庭に置いていたわけですが、一部が収穫できるくらいになったので収穫した次第。


ベランダではない場所のエダマメを収穫

収穫するエダマメの葉を切り取った状態。これは湯あがり娘(緑豆)です。このあと根元から切りました。
あと、奥にあるサッポロミドリ(緑豆)2本も同時収穫。


ベランダではない場所のエダマメを収穫

右が湯あがり娘。左の2本がサッポロミドリ。なぜかサッポロミドリはだめでした。


ベランダではない場所のエダマメを収穫

エダマメとトウモロコシは収穫後に急速に糖分が落ちることで有名なので、収穫後に時間をおかずに塩ゆでしました。
甘みは満点。さすがに収穫直後なだけあって史上最高の味です。さらにうま味もけっこうあり、ここは冷凍のエダマメと違うところ。冷凍モノも十分甘くておいしいですが、それにうま味が加わった感じの味です。あと、当然ながら香りもいいかんじ。少量でしたが、おいしくいただきました。
ちなみに、今回の茹で方はネットで調べた方法をとり混ぜた方式。簡単に書いておきます。

材料
 エダマメ 120g
 塩 20g
 水 500ml

調理
 1.水洗いしたエダマメのさやの両端を少しハサミで切る。
 2.塩20gのうちの5g分を使って塩もみをする。
 3.水500mlを沸騰させて残りの塩15gをお湯に入れる。
 4.塩もみしたエダマメを洗わないでそのままお湯に入れて茹でる。
 5.4分茹でたらザルにあける。
 6.うちわで急速に冷ます。水には入れない。

まとめ
 エダマメの量に合わせて塩と水の量も変える。特に塩と水の量の比率は厳守。
 これで程よい塩味が均等にしみ込んだ甘いエダマメになります。実証済み(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2015年07月28日
いる理由があるナナホシテントウ

なんとも不自然なところに居座っているのはナナホシテントウ。しかし、その下を見てみたら…


いる理由があるナナホシテントウ

おお!ごちそういっぱい(^O^)
早くもアリがガードしていますが、隙を見て食べるために居座っていたようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る