2015年08月08日
非ベランダのエダマメ収穫

ここでベランダのエダマメ収穫を書いたのですが、ベランダではない場所のプランターで 早生黒頭巾を収穫できたので味見メモ。
例のごとく少量の収穫となりましたが、食べてみてびっくり。すごく甘かったです。しかも旨味は普通でしたが豆の風味はかなりありました。

ベランダのエダマメもそうなのですが、全体的に窒素過多の症状が見えます。ベランダの早生黒頭巾に生長異常が見られたのもつまりは窒素過多の症状であり、そのせいで実のつきも極端に落ちたと思われます。
今回の早生黒頭巾も似たような症状が出ており、様々な種類のエダマメの中でも早生黒頭巾は窒素過多の影響が出やすいのかもしれません。
他の種類は窒素過多でぐんぐん背丈や葉を伸ばすのに比べ、早生黒頭巾は途中でガクンと生長が止まる感じでした。
いずれにしろ、窒素過多を出しやすいのは自分の栽培の悪い癖。どうも肥料を多めにやりすぎる癖があるようです。さらなる勉学が必要なわけですな。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2015年08月07日
昆虫ゼリーが好きなオオゾウムシ

確保直後はニンジンやメロンをあげていましたが、両方ともよく食べていました。
現在は昆虫ゼリーとニンジンをあげていますが、ニンジンは完全に無視状態で昆虫ゼリーのみを食べています。
自分も食べてみましたが、黒蜜系の適度な甘さのあるおいしいゼリーで、これなら樹液をなめる昆虫にもうけそうです。

見ている範囲だと1日1回えさ台に上がってきて食べているようです。普段はえさ台側面の垂直部にくっついて全く動きません。なんとも愛嬌の無いオオゾウムシなのでありますw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | オオゾウムシ | 更新情報をチェックする
2015年08月07日
ミニトマトに鳥襲来!

ややっ!ミニトマトのプランターのそばに誰かの食べ跡を発見。1個をきれいに食べられました。
あと、透明なヒモのようなものも落ちていました。このようなヒモはベランダ菜園では使っておらず、恐らく鳥が巣の材料か何かを運んでいる時に立ち寄って、食べた後に忘れていったようです。


ミニトマトに鳥襲来!

さらに痕跡を探してみたら、食べかけの実が1個枝に付いていました。
この食べ方だと小型の鳥かもしれません。ヒヨドリだともっと大胆に荒らしていくので、もしかしたらスズメかも。ちなみにスズメは毎日そこらにいます。熟すのを待っているかのようにw


ミニトマトに鳥襲来!

そんなわけで、急遽ネットを張ってみました。これでどの程度防げるかは未知数なので、今後も日々観察なわけです。
ここで設置した鳥よけは効果がありませんでした。まあ、微風で曇りの日だったので、動かず反射せずで効力が無い状態だったのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年08月07日
ミニトマトの収穫

またまた大量に完熟状態なので、さっそく収穫。


ミニトマトの収穫

今回は54個の収穫。大きさ・味ともに、今が最高の出来になっています。

●収穫メモ
6/28  6個
7/10  7個   累計  13個
7/14  6個   累計  19個
7/22 11個   累計  30個
7/30 46個   累計  76個
8/6  54個   累計 130個
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年08月06日
何となく飼ってみるオオゾウムシ

保護中のオオゾウムシですが、ちょっと飼ってみることにしました。まあ、あんまり動かないのでおもしろくない飼育になりそうですがw


何となく飼ってみるオオゾウムシ

ゼリーに行くか野菜に行くかは、今後の観察のポイント。どちらも食べるはずですが、好みを知っておきたい次第。


何となく飼ってみるオオゾウムシ

どうなることやらですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(7) | オオゾウムシ | 更新情報をチェックする
2015年08月06日
キチョウの幼虫8匹が全数蛹化

確保中だったキチョウの幼虫が8匹ともサナギになりました。


キチョウの幼虫8匹が全数蛹化

しかし、1匹が下に落ちていました。恐らく、エダマメの葉でサナギになったあと、他の個体がその葉を食べて糸が切れたんだと思います。


キチョウの幼虫8匹が全数蛹化

そんなわけで救済。ろうと状の紙に入れて割り箸に固定しました。羽化後に羽根を広げる場所に水平面を好む個体もいるので、念のため水平面も装備。


キチョウの幼虫8匹が全数蛹化

もう葉っぱは食べないので、周囲の葉を撤去。


キチョウの幼虫8匹が全数蛹化

8匹のようす。左下が蛹化一番手なので、この個体から羽化が始まると思います。
あとは寄生されていないことを祈るのみですが、自然界では寄生されることが日常茶飯事なので、もしかしたらこの8匹の中にも寄生されている個体がいるかもしれません。羽化する際も事故が多いので、上手に羽化してほしい次第。
サナギがいる飼育ケースはエアコンの無い車庫の中に置いています。温度も湿度も外とほぼ同じです。

■追伸
これはキチョウではなくモンキチョウであることがわかりました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。