2015年08月04日
オオゾウムシ再び

またもや玄関前でオオゾウムシと遭遇。念のため前回と同じ個体なのかを調べましたが、別の個体でした。
せっかくなので、ちょっと撮影に協力していただいた次第。


オオゾウムシ再び

体長3cm。あまり動かない腰の据わった昆虫です。


オオゾウムシ再び

ゾウムシという名前なので頭の先の長い部分は鼻のように感じますが、これが口です。口の先にはちゃんとアゴ(歯)があり、かじります。食べ物もこの先から体の中に入っていきます。


オオゾウムシ再び

下からの接写を撮り忘れましたが、複眼は下側まで広がり、ほぼ隙間が無いくらい接近しています。上側は口の幅だけ隙間があります。


オオゾウムシ再び

死んだふりポーズ。脚を折りたためないのか折りたたまないのか、これぐらいの角度で死んだふりをします。


オオゾウムシ再び

撮影に協力してくれたのでご褒美。えさはカブトムシと同じ。果物や昆虫ゼリー、甘い汁の出る野菜など。


オオゾウムシ再び

1時間後。口先を刺して汁を吸うのではなく、口先のアゴで果肉をかみ砕いて果肉を食べています。丸い穴が見えるので、かなり食べたようですな。
手間いらずな昆虫なので飼うのは簡単ですが、ほとんど動かなくておもしろくないので飼いませんw


オオゾウムシ再び

約24時間後。まだ食べ続けています。いまだにフンが見当たらないので、お腹の中が空っぽだったようです。
とりあえず腹いっぱい食べて、元気回復といきたいところです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | オオゾウムシ | 更新情報をチェックする
2015年08月04日
産卵中のアカスジチュウレンジ

バラの木の若い茎の表面を切り裂いて今まさに産卵しているのは、アカスジチュウレンジ。
このバラには毎年幼虫が発生しますが、このように毎年産卵しているわけです。


産卵中のアカスジチュウレンジ

茎の組織に沿って縦にグリグリと切り裂いて、その中に卵を産みます。


産卵中のアカスジチュウレンジ

アカスジチュウレンジの腹部は半透明なので、ここまで寄ると腹部の中で何かが動いているのがわかります。
恐らく卵そのものだと思いますが、わずかなコントラストの影が不規則に動いているだけなので、写真を撮っても何となくレベルでしかわかりません。


産卵中のアカスジチュウレンジ

産み終えた後のようす。茎にこのような傷があったら、それは産卵した跡です。


産卵中のアカスジチュウレンジ

別の場所の産卵箇所のアップ。中に楕円形の黄色い卵が数十個見えます。
茎の汁で乾燥を防ぐという点では、夏の産卵には好都合。さらに孵化した場所を登っていくと柔らかい新葉がいっぱい。さすがです。


産卵中のアカスジチュウレンジ

これは昨年のもの。茎が切り裂かれるので、はっきりとした跡が残ります。木が死ぬほどのダメージではありませんが、硬化した分しなり性が減って折れやすくなる点は否定できません。
まあ、折れて枯れてしまえば長い目で見て食草が無くなるわけで、そこは死なない程度のダメージになっているはずです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年08月04日
トウガラシ、実のでき始め

あっという間にここまで大きくなったトウガラシ。さすがは暑さ大好きの植物です。
今年は落花する花がごくわずかしかなく、大体の花はそのまま受粉したようです。


トウガラシ、実のでき始め

そんなわけで、実もふくらみはじめたのでありました。真ん中あたりに見えます。右には花、左と上にはつぼみがありますな。


トウガラシ、実のでき始め

今年も真っ赤なオブジェを期待したいところ。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る