2015年08月08日
モンキチョウが羽化!

てっきりキチョウだと思っていましたが、触角も脚もピンク色。これはモンキチョウです。


モンキチョウが羽化!

白い紋がある黄色い蝶なので、モンキチョウ。キチョウにはこの白い紋がありません。
羽根の縁もピンク色になっており、きれいなチョウなわけです。


モンキチョウが羽化!

見てますな。


モンキチョウが羽化!

羽化した個体は、さっそく外に逃がしました。


モンキチョウが羽化!

これは別の個体ですが、羽根の縁のピンク色が外から明確に見えるようになれば羽化直前のようです。この個体も明日の早朝には羽化しそうです。
完全無農薬栽培のエダマメの葉で育ったので、極めて健康に育ったはずです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年08月08日
夏眠どころか花が咲いたミニシクラメン

春先には葉が枯れ始めて夏眠の準備に入ったかに見えたミニシクラメンですが、その後なぜか元気を取り戻して花まで咲いています。


夏眠どころか花が咲いたミニシクラメン

他の鉢も咲いていないのは1鉢だけで、あとはどんどんつぼみを出して花が開いている次第。


夏眠どころか花が咲いたミニシクラメン

全国的に猛暑ですが、ミニシクラメンを置いているところも30℃を越えています。
お盆ごろには涼しくなると思いますが、もしもそれまでこの状態が続けば夏眠せずに夏を乗り切ったことになり、神経質な夏眠管理をしなくて済んだことになります。
いやはや、冬に花を咲かせる寒さ大好きのミニシクラメン。まさか真夏に花を見ることができるとは驚愕至極。大雪の中でヒマワリを見ている気分なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | シクラメン | 更新情報をチェックする
2015年08月08日
非ベランダのエダマメ収穫

ここでベランダのエダマメ収穫を書いたのですが、ベランダではない場所のプランターで 早生黒頭巾を収穫できたので味見メモ。
例のごとく少量の収穫となりましたが、食べてみてびっくり。すごく甘かったです。しかも旨味は普通でしたが豆の風味はかなりありました。

ベランダのエダマメもそうなのですが、全体的に窒素過多の症状が見えます。ベランダの早生黒頭巾に生長異常が見られたのもつまりは窒素過多の症状であり、そのせいで実のつきも極端に落ちたと思われます。
今回の早生黒頭巾も似たような症状が出ており、様々な種類のエダマメの中でも早生黒頭巾は窒素過多の影響が出やすいのかもしれません。
他の種類は窒素過多でぐんぐん背丈や葉を伸ばすのに比べ、早生黒頭巾は途中でガクンと生長が止まる感じでした。
いずれにしろ、窒素過多を出しやすいのは自分の栽培の悪い癖。どうも肥料を多めにやりすぎる癖があるようです。さらなる勉学が必要なわけですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る