2015年09月22日
アシダカグモの抜け殻

庭でアシダカグモの抜け殻を発見。けっこうでかいです。


アシダカグモの抜け殻

顔はチンパンジー顔w


アシダカグモの抜け殻

いやはや、立派な牙ですな。これでゴキブリを一撃なわけです。


アシダカグモの抜け殻

脚の先。タタミをすたすた歩く脚です。

このあたりは気候的にゴキブリはいませんが、アシダカグモは普通にいるようです。自然界ではバッタ系の昆虫などを食べているんだと思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年09月21日
オンブバッタ参上

『おぶりたいチビなオスを探してるんだけど、ようやくいたと思ったらチビな人間だったわ!』

チビで悪かったですね…(;一_一)


オンブバッタ参上

体長は4cm以上。オスは3cmも無いくらいです。


オンブバッタ参上

例のごとく細長い顔。


オンブバッタ参上

コンクリートのところにも別の個体がいました。これもメスです。
久々に暖かい日だったので、日光浴をしていたようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年09月20日
時々キンバエ

妙に大人しいキンバエが時々いるのですが、たぶん写りたいのだと思います。
ハエ自身はものすごく清潔好きな生き物。清潔でないのは、ゆりかごなのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年09月19日
現在アオモリマイマイというカタツムリを飼っているわけですが、あらためて6グループ20匹を紹介したいと思う次第。

全カタツムリの紹介

通称「老夫婦」。筋ありと筋無しのペアです。いちばん若い個体から見れば爺さん婆さんにあたります。雌雄同体ですがw
数えてないので定かではないですが、もう5〜6年は生きているはず。それでも今年も産卵してました。
粘着力の低下や乾燥に対する耐性、殻の劣化等で老化現象が見られますが、意外と元気です。
お互いを常に意識して確認しあっており、仲の良さはいちばんでしょうな。


全カタツムリの紹介

ちょっと湿度が下がるとすぐ膜を張って閉じこもります。この自己防御の対応の速さが長生きの秘訣かもしれません。


全カタツムリの紹介

通称「2母」。「老夫婦」の子どもにあたる筋ありと筋無しのペア。人間で言うと5〜60代の雰囲気。決して若い個体ではありません。ミニ水槽に殻を入れて休んでいることが一番多いのがこのグループ。
好き嫌いも激しく、サツマイモ以外は見向きもしないときもあります。殻の大きさは4cmを越え、飼っているうちでは最大です。


全カタツムリの紹介

意外と飼い主を理解している個体でもあります。


全カタツムリの紹介

通称「筋無し4兄弟」。このグループも「老夫婦」の子どもです。「2母」とは1世代分の年の離れた兄弟。
小さなころからやんちゃで冒険好き。いちばん馴れているグループです。
今ではすっかり大人になり、後出する「純・筋無し4兄弟の赤ちゃん」の親にあたります。


全カタツムリの紹介

いまだにじゃれて遊びます。もう親なのにw


全カタツムリの紹介

通称「筋あり4兄弟」。このグループも「老夫婦」の子どもです。「2母」とは1世代分の年の離れた兄弟。「筋無し4兄弟」とは同世代の兄弟。
平和主義で淡々と生きるタイプ。衣食住的にはいちばん安定しているグループ。後出する「純・筋あり4兄弟の赤ちゃん」の親にあたります。


全カタツムリの紹介

まあ、たまにはじゃれます。


全カタツムリの紹介

「筋無し4兄弟」の子どもの「純・筋無し4兄弟の赤ちゃん」ですが、いつまでも赤ちゃんではないので今回から「純筋無し4兄弟」に改名します。
殻の直径は2cmを越え、着々と成長中。新規にミニ水槽を追加しました。卵の殻を入れているのは嗜好性の確認のため。


全カタツムリの紹介

いわゆる「筋無し」は昔から兄弟愛が強いような気がします。親に当たる「筋無し4兄弟」も子どものころからかなり仲の良い兄弟でした。


全カタツムリの紹介

「筋あり4兄弟」の子どもの「純・筋あり4兄弟の赤ちゃん」ですが、こっちも改名で「純筋あり4兄弟」にします。
殻の直径は1.5cmを越え、筋もますます濃くなってきました。今はミニミニ飼育ケースですが、そろそろ小型飼育ケースに移そうかなと検討中。その際はミニ水槽も追加を考えています。


全カタツムリの紹介

今がいちばん冒険盛り。このようなときによくふれあって、飼い主を理解させるようにしています。


全カタツムリの紹介

そんなこんななので、保存のきくカットルボーンだけは買いだめ。大人になるとたまにかじる程度ですが、子どもの頃はかなり食べます。食べるということは欲していることなので、ずっとこれを使っています。


全カタツムリの紹介

余談ですが、飼育ケースの掃除中に「2母」の砂利の中から発見した貝殻。長さは5mmぐらい。
何かの守り神になるかもしれないので、また混ぜておいた次第。

けっこう長い間カタツムリを飼っていますが、まだまだわからないことが多すぎる不思議な生き物です。ただ、原始的な小動物の割には"馴れ"の能力がけっこうあると感じている次第。ケース掃除のときには剥がされるのを知ってか知らずか、粘液を少し出して剥がれやすくするようなことをするときもあります。
また、ケース掃除の後は内壁やふたに水滴がつくことを知っているらしく、みんなふたの裏に集まって水を飲んでいます。逆さまになってふたの裏を這うことになるので、体も濡れて都合がいいのかもしれません。
のろまな軟体動物ですが、それぞれがちゃんと意思を持ち、嗜好を伴う生活をしています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
2015年09月18日
何かを探すハサミムシ

石の隙間にハサミ発見。このあとすぐ出てきました。


何かを探すハサミムシ

その後も歩きながら別の石の隙間に入り、そして出るを繰り返した次第。
何かを探しながら歩いているようでしたが、食べ物か産卵場所を探してるっぽかったです。
タグ:ハサミムシ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年09月17日
四季なりイチゴの収穫

秋だからなのか何なのかわかりませんが、粒が小さいです。とりあえず9個収穫。
この季節にイチゴを食べることができただけで感謝感謝なのであります。
おやつ代わりに軽い気持ちで味わう次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。