2015年10月17日
エゾベニシタバ登場

玄関の灯りに中ぐらいの蛾が飛んできていました。


エゾベニシタバ登場

翅をブルブル震わせるので、先端がブレています。
撮影時は玄関のドアを開けていましたが、このあと玄関内に飛び込んできてびっくりした次第。


エゾベニシタバ登場

びっくりしたのは蛾も同じで、翅を広げて脅しをかけています。しかし、翅を広げた結果、種類がはっきりわかりました。エゾベニシタバです。
「シタバ」という名前の蛾は後翅、つまり重なった時の下の翅に特徴がある蛾が多く、下の翅がきれいな蛾は「〜シタバ」かなとヒントになるかもしれません。
「〜シタバ」は蛾の中でもかなりきれいな種族に入ると思います。木の樹皮と同化する前翅の裏には派手目の色合い。敵を驚かせるのが目的と言われていますが、人間相手には逆効果のようです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2015年10月17日
はつか大根の収穫

粒状活性炭を混ぜた実験用の培養土のあまりで作っていたはつか大根全数を収穫しました。
大きさはまずまずですが、割れが生じています。


はつか大根の収穫

たまたま発生した個体差による割れではなく、全数共通の環境由来の割れっぽいです。
この原因の想定は次の通り。
その1 土の量が少なすぎた
浅型の小さなプランターで14株を育てたわけですが、土の量が少ないために土の水分の変化量が激しく変動した。根菜系に割れが生じる最も大きな理由がこれです。
その2 水はけが良すぎた
粒状活性炭が混じったせいで土の水分保持量が減った。つまり通気性は良いが乾き気味の土になった。そこに通常の水やりをしたことが水分量の激変につながった。

恐らく、両方が相互に関与して悪い環境になったかもしれません。根菜なので少しねっとりした土のほうが良さげなのですが、パサパサしすぎていたというわけです。
ちなみに、同じ土を使った小松菜のほうは極めて良好な育成となりました。やはり根菜にはこの土はだめということかもしれません。

追伸
表皮が固くなった部分を少し取り除いたら、あとは普通にいつも通り食べることができました。甘酢一夜漬けですな。葉もいつも通りに味噌汁に入れて美味しくいただいた次第。


はつか大根の収穫

はつか大根を引き抜いた土にいた幼虫。ちなみに左側が頭です。いわゆるウジ虫型の幼虫であり、寄生バエの幼虫だと思われます。
ただ、大きさがかなり小さく、今まで見たことのない種類の寄生バエの幼虫っぽいです。

はつか大根の収穫

この二つの黒い突起が特徴ですな。
はつか大根にはチョウの幼虫が十数匹発生していましたが、小さいうちにテデトールで対処していました。その見逃した個体に寄生し、幼虫になって土に潜っていたのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。