2016年05月27日
くつろぐネコハエトリ

体長が10cmぐらいだったら飼ってみたいですし、30cmぐらいだったら室内に放して同居してみたいです。
ハエトリグモは馴れるような気がするわけで、何らかの意思疎通もできるかもしれません。
クモ界のアイドル、ハエトリグモなのでありました。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年05月27日
富有柿3形態

発芽した富有柿を、完全に観葉植物として育てているもの。窓際で穏やかに育ててます。


富有柿3形態

水苔には苔も発生中。


富有柿3形態

室外栽培の小鉢。前は4鉢ありましたが、1個が強風で飛ばされて幹が折れてしまい、3鉢になりました。


富有柿3形態

左は未加工ですが、他は幹を曲げて遊んでいます。


富有柿3形態

これは、2015年1月に室内で発芽したもの。
一時は瀕死の状態でしたが、去年復活し、今年は枝分かれが始まりました。

果樹を育てていると庭に植えて大きくして実を収穫するような発想をしがちですが、今育てている甘夏もサクランボもこの富有柿も鉢植えの観賞用です。唯一実の収穫を目的に庭に植え替えたのがブルーベリー。あまり大きくならない木でもあるので、庭に植え替えたわけです。
大きくなる木は長期的な庭園計画が必要。また、擁壁との距離や上下水道の配管位置等も考慮する必要があり、おいそれと植えることができないのであります。

家に人の身長ぐらいの桂の木が3本ありますが、頑なに鉢植えにしています。桂の木は庭に植えると擁壁を壊し家を壊し隣の土地まで侵入するような大木になるので、そもそも山に育つ木であって庭木ではないわけです。
タグ:富有柿 実生
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 富有柿 | 更新情報をチェックする
2016年05月26日
ヨモギエダシャク参上

蛾の顔はかわいいです。毛は鳥の羽根のような形状。


ヨモギエダシャク参上

小さな花びらで覆われているような生え方をしています。


ヨモギエダシャク参上

調べてみたら、ヨモギエダシャクが一番近かった次第。ということは、去年のこれもヨモギエダシャクかも。


ヨモギエダシャク参上

そんなところへタカラダニ登場。赤い点がそれです。


ヨモギエダシャク参上

見事にヨモギエダシャクに弾き飛ばされたタカラダニ。毎年今ごろに姿を見せます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年05月26日
ウスイロクビボソジョウカイ発生

羽化の季節なんでしょうか。ウスイロクビボソジョウカイを見る機会が多いです。体長は1cm。


ウスイロクビボソジョウカイ発生

このゴミムシっぽい昆虫も同時によく見ます。体長は1cm。羽化時期が同じなんでしょうか。


ウスイロクビボソジョウカイ発生

歩く速さが速いので、追っかけられませんw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年05月26日
ミニシクラメン復活

ここで丸裸にして車庫の中で入院させていたシクラメンですが、葉を出してきたので元の窓際に移しました。
今のところ葉ダニの症状は消えていますので、このまま大きくなってくれれば完全復活です。今後は気温も高くなりますが、葉だけを出して夏を乗り切るでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | シクラメン | 更新情報をチェックする
2016年05月25日
夜這いのウスカワマイマイ

コンクリートの上で寝ているウスカワマイマイを発見しましたが、這った跡を見るとかなりうろうろしていたようです。コンクリートを食べていたのかもしれませんし、寝る場所をさがしていたかもしれません。
自然界ではそろそろ産卵の季節。カルシウムを摂取して卵の準備に入っているのかも。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。