2016年05月27日
アリの結婚飛行

肉眼で見たときはアブラムシかと思いましたが、よく見たらアリでした。そのくらい小さいアリです。体長は翅の先まで3mmぐらい。
撮影時は湿度が高くて朝から気温が高い日。結婚飛行には最適です。


アリの結婚飛行

飛び立つ機会を模索中のようで、条件が整うと一気に飛び立つと思います。蒸し暑くて風が弱いといい条件です。


アリの結婚飛行

赤くて翅の無いアリは働きアリ。この日の誘導係です。


アリの結婚飛行

女王アリもいました。女王アリとは言えども体長は7〜8mm。トビイロケアリの女王アリよりも小さく、かなり小さな種族です。


アリの結婚飛行

さらに別の場所でも羽アリを発見。1cm以上あったので女王アリかと思いましたが、頭が小さくて腹部が細いです。毛バエにも見えましたw
気になったので、撮影に協力していただいた次第。クロオオアリのオスアリっぽいです。


アリの結婚飛行

あごは卵を抱えるような形をしていません。


アリの結婚飛行

あごを閉じるとカメムシの顔になりました(^Д^)


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年05月27日
くつろぐネコハエトリ

体長が10cmぐらいだったら飼ってみたいですし、30cmぐらいだったら室内に放して同居してみたいです。
ハエトリグモは馴れるような気がするわけで、何らかの意思疎通もできるかもしれません。
クモ界のアイドル、ハエトリグモなのでありました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年05月27日
富有柿3形態

発芽した富有柿を、完全に観葉植物として育てているもの。窓際で穏やかに育ててます。


富有柿3形態

水苔には苔も発生中。


富有柿3形態

室外栽培の小鉢。前は4鉢ありましたが、1個が強風で飛ばされて幹が折れてしまい、3鉢になりました。


富有柿3形態

左は未加工ですが、他は幹を曲げて遊んでいます。


富有柿3形態

これは、2015年1月に室内で発芽したもの。
一時は瀕死の状態でしたが、去年復活し、今年は枝分かれが始まりました。

果樹を育てていると庭に植えて大きくして実を収穫するような発想をしがちですが、今育てている甘夏もサクランボもこの富有柿も鉢植えの観賞用です。唯一実の収穫を目的に庭に植え替えたのがブルーベリー。あまり大きくならない木でもあるので、庭に植え替えたわけです。
大きくなる木は長期的な庭園計画が必要。また、擁壁との距離や上下水道の配管位置等も考慮する必要があり、おいそれと植えることができないのであります。

家に人の身長ぐらいの桂の木が3本ありますが、頑なに鉢植えにしています。桂の木は庭に植えると擁壁を壊し家を壊し隣の土地まで侵入するような大木になるので、そもそも山に育つ木であって庭木ではないわけです。
タグ:富有柿 実生
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 富有柿 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。