2016年06月20日
レタスの収穫

春先に長雨と暑い日が交互に続いたときがあり、その影響を最も受けたのがレタスでした。右のレタスでは外葉の根元が腐敗し、その外葉をかなり取り除きました。
キャベツでもそうですが、大きな球を作るには多くの外葉が必要なわけで、実際外葉を取り除いてからの結球の生長は止まりました。
そんなわけで、右のレタスの生長が停止状態にあるので収穫することになった次第。


レタスの収穫

大きさは16cmぐらい。重さはかなりありましたが、やはりやや小さめです。


レタスの収穫

外葉はカタツムリ行きですが、ウチのカタツムリは舌が肥えてレタスもあまり食べなくなりましたw


レタスの収穫

左のレタスはもう少し大きくしますが、天気予報で雨が続きそうなときはその前に収穫するかも。


タグ:収穫 レタス
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年06月20日
九条太ネギの種を採取

ここで実験的に1個だけ残していた九条太ネギのネギ坊主の種も熟し、今にもこぼれ落ちそうになっていたので採取することにしました。


九条太ネギの種を採取

これが1個分の花。この中に種が入っています。


九条太ネギの種を採取

この花には4個の種が入っていました。


九条太ネギの種を採取

九条太ネギの種。思えばこの九条太ネギも3年前の種蒔きから始まったのでありました。


九条太ネギの種を採取

全数採取。咲いた花のうち種を作ったのは約3割。意外と結実率は低いです。人工授粉をやればもっと種ができるかも。または、ヒラタアブのお世話になるかです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年06月19日
ハモリダニかも

コンクリートの上を、ものすごい速さでぐるぐる円を描くように走り回っていた小さな生き物を発見。大きさは1mmくらい。タカラダニとほぼ同じ大きさです。


ハモリダニかも

調べてみたら、ハモリダニというダニかもしれません。
歩く速さはタカラダニの倍以上、円を描くことが多かったです。体の黒い部分は半透明になっており、よく見ると体の中で黒いものが流れるように動いていました。
写真は真上から撮ったもので頭が下になりますが、頭の先端まで黒いものが細く続いていることから、もしかしたらこのダニは今食事中で体の下部に何かハダニのような小さな獲物を抱えていて体液を吸っていた時だったのかもしれません。
何はともあれ、ハダニを食べてくれているのであれば、菜には友あれなわけです。失礼。

.....@ノ”< そんなことよりぼくの家の掃除をしろ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年06月19日
ミノムシ発見

こりゃまたずいぶん目立つところに陣取ったものだと驚いたのですが、長さが2cmのミノムシです。
小枝や樹皮を丁寧に貼り付け、見事な作品に仕上がっている次第。オトシブミなんかもそうですが、芸術性の高い作品の作者は益虫であれ害虫であれ普通に尊敬するので、問答無用で放置なわけです。


ミノムシ発見

こっちにもいました。付いていたのはキンロバイの木。さっきの写真もこの木に隣接した場所なので、恐らくこの木で育ったのだと思います。
もちろんこのミノムシも完全放置。元気に育てよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年06月19日
赤ちゃんもたくましく成長

14匹の赤ちゃんカタツムリも殻の直径が1cmぐらいになり、飼育ケースもKFCケースからミニミニ飼育ケースに変えています。


赤ちゃんもたくましく成長

好奇心はまだまだ出ていませんが、これから世の中を知ってほしいと思う次第。
この14匹は梅雨が明ける前までに自然にかえす予定です。週間予報を見て、できるだけ雨天が続きそうなときを狙っています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(7) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年06月18日
繁殖期のナガチャコガネ

ここでも書きましたが、あっちでブンブンこっちでブンブン、どこもかしこも交尾だらけです。
よく見てみると、地上20cm〜50cmぐらいの範囲をゆっくり飛んでおり、さらに草木の葉の周辺を飛んでいます。
さらによく見ると、草木の葉の先あたりにはじっと動かない個体が1匹おり、飛ぶ気配もありません。
断定はできませんが、葉の先に止まっている個体はメスで、フェロモンを出している最中かも。そのメスの匂いを嗅ぎつけるために、オスがゆっくりと葉の周辺を飛んでいるのかもしれません。


繁殖期のナガチャコガネ

見事メスを探し出したオスは、その場で交尾。1枚目の写真は地上で交尾していましたが、他の個体が交尾をしている場所は圧倒的に葉の先か葉の裏でした。

ナガチャコガネは庭のあっちにもこっちにもいましたが、特にシバザクラ、野菊、あと菖蒲のような葉の植物で多くみられました。ナガチャコガネの幼虫はシバザクラの根が好物であることを考えると、もしかしたら野菊や菖蒲のような葉の植物の根も食べるのかもしれません。現にナガチャコガネの成虫が菖蒲のような葉の植物の葉を食べているのは目撃しており、これらとの間に何らかの関係があるような気もします。

余談ですが、ナガチャコガネの発生期には土に直径1cm弱の穴が多数みられ、たぶんこの穴の中に日中隠れており、夕方になると穴から出てきて繁殖行動をとっているっぽいです。
2夜連続で親がライト片手に捕獲行動に出ましたが、ざっと150〜160匹は捕えていました。まだ捕まっていない数を考えると、数百匹はいそうな気配です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。