2016年06月18日
絹さやの葉にヨトウガの卵を発見!

家のミニ畑で親が栽培している絹さやの花を見ていました。


絹さやの葉にヨトウガの卵を発見!

実の収穫も始まっており、みそ汁の具などにしています。


絹さやの葉にヨトウガの卵を発見!

ツマグロオオヨコバイが針を刺して食事中。ここまではよかったのですが…


絹さやの葉にヨトウガの卵を発見!

ややっ!葉の裏に卵らしきものを発見。


絹さやの葉にヨトウガの卵を発見!

65個の卵、2個の破損卵、5か所の剥離痕を確認できます。


絹さやの葉にヨトウガの卵を発見!

ヨトウガですな。マメ科はアブラナ科に匹敵するほど大人気の野菜なので、ヨトウムシの親もだまっちゃいないようです。


絹さやの葉にヨトウガの卵を発見!

これが全部孵化してミニ畑の四方八方に散ったら大事件です。葉っぱごと撤去した次第。
産んだのは、まさかあの子じゃないでしょうな (´・ω・`)


絹さやの葉にヨトウガの卵を発見!

念のため確保して孵化させてみましたが、やはりヨトウガでした。


絹さやの葉にヨトウガの卵を発見!

シャクトリムシのように歩きます。体長は2mm。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
2016年06月18日
四季なりイチゴとミックスレタスの収穫

気温20℃湿度80%。夜もあまり冷えなくなってきたので、野菜の育ちにも勢いが見られるようになりました。


四季なりイチゴとミックスレタスの収穫

四季なりイチゴもまたまた完熟状態になったので、収穫とぁぃなった次第。


四季なりイチゴとミックスレタスの収穫

本日は、大なり小なり73個の収穫。今年はリン酸カリの肥料が効いてるせいか、着果率が高めです。


四季なりイチゴとミックスレタスの収穫

ミックスレタスもあっという間に大きくなるので、背中を押されるように摘んで食べています。


四季なりイチゴとミックスレタスの収穫

15〜20cmぐらいの葉を20枚ほど食べるわけで、この時ばかりは自分はウサギかと思います。

春先に発生していたエカキムシもそのサイクルを終え、今ではエカキムシの被害がゼロの状態で収穫できます。収穫した葉は全数をくまなくチェックしますが、アブラムシが何匹かいる程度です。水道のシャワー水で裏表を洗うとアブラムシも完全に洗い流されます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年06月17日
オスクロハエトリのメス

ベランダに1匹のハエトリグモを発見。オスクロハエトリのメスだと思います。


オスクロハエトリのメス

腹部が長いタイプのハエトリグモです。黒い部分は光の加減で虹色に光ることもあり。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年06月17日
病気のスズメ

玄関前に1羽のスズメがいました。実は撮影前に3羽ほどいたのですが、他の2羽はすぐに逃げ、この1羽だけが残された形です。
逃げた2羽のうちの1羽は後ずさりしながら警戒の声で鳴き続け、残されることになった1羽に逃げて逃げてと盛んに言っているようでした。
このスズメは、頭を下げたまま全く逃げようとしません。さらに近づいてみることにしました。


病気のスズメ

誰が見ても明らかに苦しそうにしています。フンもしているようです。
50cm横に人間がいて30cmそばにカメラがある状況なのですが、時々目を開けて警戒はしますが、全く逃げる素振りを見せません。
外見的にはけがの痕跡は見られないので、何か悪いものを食べて食中毒を起こしたか内臓疾患系の病気のような気がします。
このまま全く動けないのであれば保護してみようと思いましたが、さらに近づいた時点でサッと飛び立ちました。とりあえず飛べる力はまだあることを確認できたので、あとは回復を祈るだけです。

弱っている野鳥や死骸は、鳥インフルエンザ感染の危険を伴うのでむやみに近づくのは危険です。この時も撮影後に手洗い等は実施した次第。
かわいいとかかわいそうとかで大騒ぎする盲目の愛は、時に互いを不幸にします。無情で淡々と対処することが、幸せへの近道であることもあります。
タグ:スズメ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(5) | 野鳥 | 更新情報をチェックする
2016年06月16日
今年もナガチャコガネ大発生

「雨が止んだばかり」「霧雨」「小雨」「無風」「暑くもなく寒くもない」、このような天候で夕暮れを迎えると、ちょうど今の時期にナガチャコガネが交尾をするために大発生します。つか、さっき撮ってきました(^O^)
ちなみに、去年も今ごろに大発生しています。
気づくきっかけは羽音。スズメバチが威嚇して近づいてきたかと思うような低い羽音で、そこらを超低速飛行をします。あまりにもゆっくり飛ぶので、空中で手で容易に捕まえられるほどです。
交尾をした後は土に潜って産卵し、卵から孵化した幼虫は植物の根を食べて育ちます。幼虫の数が多いと生垣や鉢植えの木を一気に弱らせてしまうので、非常に厄介な昆虫として有名です。鉢植えの木が弱ったので土ごと鉢から抜いてみたら幼虫がたくさん出てきたという話はよく聞きますが、要はこのコガネムシの幼虫というわけです。


今年もナガチャコガネ大発生

ナガチャコガネが交尾をしに大発生するような気候はカタツムリも大好き。ざっと見ただけでも数十匹はいました。数が多いと草木の葉がかなりやられるので、これも厄介です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2016年06月16日
イナズマハエトリ参上

白黒ストライプのかっこいいハエトリグモ、イナズマハエトリです。


イナズマハエトリ参上

体長は5mmほどなので探して見つかるものではなく、いつも偶然視野に入ってきて見つけます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。