2016年07月01日
そろそろウリハムシモドキの季節

今年もウリハムシモドキが姿を見せ始めました。間もなく例年通りの大発生になるでしょう。


そろそろウリハムシモドキの季節

赤紫蘇でも福寿草でも何でもかんでも食べつくすので、駆除対象になるほど被害が大きいです。オニユリの葉も食べていました。


そろそろウリハムシモドキの季節

人を見ると逃げ足が速かったりポロリと落ちたりしますが、普段は変に落ち着きのある虫です。触角を大きく広げ、いつも周囲を気にしています。
メスは匂いホルモンを放ち、オスはその気配を探しているのかもしれません。短期間に大発生する目的は交尾ただ一つなので、常に神経がそっちに行っているのかも。


そろそろウリハムシモドキの季節

いやはや、福寿草の茎もかじるので、まだ残っている葉も枯れていくわけです。福寿草には毎年ウリハムシモドキが来ます。たぶんおいしいんでしょうな。


そろそろウリハムシモドキの季節

『福寿草はうめぇーんだゴルァ!』
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年07月01日
ベランダでカゲロウが羽化

前にここでベランダのカゲロウのことを書きましたが、ネギの枯葉にカゲロウの羽化に伴う抜け殻が付いてました。


ベランダでカゲロウが羽化

2本の長い尾が見えます。亜成虫から成虫になる時のカゲロウの抜け殻です。


ベランダでカゲロウが羽化

すぐそばにいたカゲロウ。体つきが亜成虫っぽいです。


ベランダでカゲロウが羽化

さらに黒っぽいカゲロウもいました。これも亜成虫っぽいです。
今の時期はカゲロウの羽化の時期と思われ、あちらこちらで水中から亜成虫が誕生していると思われます。
飛び立った亜成虫は別の場所に降り立ち、そこでもう一度脱皮をして正式な成虫となるわけですが、今回その場所がベランダだったということになります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年07月01日
いろんな発芽の野原風花壇

花の混合種をバラ蒔きした野原風花壇ですが、いろんな芽が出てきています。
コガネムシ、ウスカワマイマイ、ナメクジ、ワラジムシなど、すでに葉や根を食べられる被害も出ています。
特に苗を移植したルピナスは葉も根もかなり食べられており、1苗は消滅、さらに1苗は瀕死の状態となっています。
食害に対する措置は何も考えておらず、なるようになっての野原風だと考えるようにしています。
タグ:野原風 花壇
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る