2016年07月02日
夜の8時過ぎ、ベランダでコツンという大きな音がしました。こりゃカブトムシでもやってきたかなとライト片手にベランダに出てみると、そこにはオオゾウムシが1匹いたのでありました。
飼育中のオオゾウムシの友だちを見つけなければと思っていましたが、まさか向こうからやってきてくれるとは思わなかった次第。


オオゾウムシが結婚

そんなわけで、飼育ケースを一新。大きさは同じですが、中身を変えました。
前は木炭チップを混ぜた砂を敷いていましたが、今回は活性炭を混ぜた砂利を敷きました。砂利はカタツムリに使っているものです。また、木炭は半埋め込みにしました。


オオゾウムシが結婚

上が前から飼育中の個体、下が今回舞い込んだ個体。今回舞い込んだ個体のほうが少しだけ大きく、色も薄いです。


オオゾウムシが結婚

やっと友だちができたオオゾウムシ。相変わらず死んだふりで動きませんw


オオゾウムシが結婚

新参は活発に歩き回ります。

この個体が今まで飼っていた個体の前を通りすぎた時、予想外の出来事が起こりました。
それまで死んだふりをしてピクリともしなかった個体が、目の前を通った新参の個体にビクッと反応し、即座に上から圧し掛かりました。


オオゾウムシが結婚

なんと、交尾です。上が今まで飼っていた個体、下が新参の個体。状況を観察しましたが、交尾は間違いなく成立しているようです。
このことから、今まで飼っていた個体が実はオスであったことを初めて知りました。同時に新参はメスということになります。


オオゾウムシが結婚

オスとメスの組み合わせになったこと、そして交尾できるほど相性も良かったこと、この2匹は非常に強運です。
オスも今までよく生きていてくれたし、メスもよくぞベランダに来てくれました。これ以上のことはありません。


オオゾウムシが結婚

以上、ウチのゾウちゃんの電撃結婚のご報告でした。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | オオゾウムシ | 更新情報をチェックする
2016年07月02日
ヒメカメノコテントウの幼虫か?

テントウムシの幼虫も小さいころは間違いやすいのですが、たぶんヒメカメノコテントウの幼虫だと思います。
テントウムシの幼虫のかわいいところは、ふ節感の無い脚先。ふ節の有無は不明ですが、まるで6本のつえをつきながら歩いているようなスタイルがいいわけです。
アブラムシをいっぱい食べてくれよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年07月02日
クロスジアオナミシャク現る

体長が1cmもない小さな蛾でしたが、色が緑なので撮っておいた次第。


クロスジアオナミシャク現る

頭部を真上から見たところ。岩場のコケと似ています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る