2016年07月08日
ベタベタするムシトリナデシコ

鮮やかな濃いピンク色の花を咲かせているのは、ムシトリナデシコ。高さは50cmぐらい。


ベタベタするムシトリナデシコ

矢印のところに粘液がにじみ出ており、ここが粘つきます。ツツジのトリモチの粘つき方に似ていますが、さらに薄くて硬いかんじ。花の背丈を伸ばすたびに粘つく領域を新規に作っており、50cmぐらいになると根元から上に見ていくと3か所くらいあります。


ベタベタするムシトリナデシコ

色がちょっと茶色く見えます。長さは8mmぐらい。


ベタベタするムシトリナデシコ

アリの亡骸がくっついていました。


ベタベタするムシトリナデシコ

こっちにも何かくっついています。


ベタベタするムシトリナデシコ

こっちも。

この粘つきは、下から花方向に登ってくる生き物を登らせないためにあるっぽいです。そうなると、対象はアリでしょうな。アリは何をするために登ってくるかと言えば蜜を吸うためであり、結局ムシトリナデシコはアリには蜜を吸わせたくないようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2016年07月08日
ミックスレタスに害虫襲来

今までアブラムシぐらいしかいなかったミックスレタスですが、ここにきて穴が開く食痕を発見。
ミックスレタスは、サニーレタス、ちりめんちしゃ、サラダ菜、チマサンチ(赤)、チマサンチの5種類の混合種ですが、食べられていたのは、チマサンチだと思います。


ミックスレタスに害虫襲来

いました。体長は2mm程度。何かの1齢幼虫です。


ミックスレタスに害虫襲来

十数匹いましたが、どれも孵化したばかりの大きさでした。


ミックスレタスに害虫襲来

尺を取って歩きますが、何の幼虫かは不明。

今年のベランダ菜園は、アブラムシが多くて大変です。茶色系と緑系が発生しており、比率は7:3ぐらい。発生は、小カブ、ミニダイコン、ミックスレタス。
小カブとミニダイコンを初めて二期作でやったせいで、春のアブラムシを呼んだかもしれません。実際、小カブとミニダイコンもアブラムシが付いています。
今回のミックスレタスも、収穫後に葉の裏表をシャワーで入念に洗浄しなければならず、困っています。1匹ぐらいアブラムシを食べているかもしれませんw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2016年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る