2016年09月18日
ナナホシテントウのサナギ

気温が下がってくると、テントウムシのサナギをけっこう見ます。これは目に付くところでサナギになっているということであり、つまりは日の当たる暖かい場所を選んでいるということになります。
この個体もカタバミの葉の上にくっついて堂々と羽化を待っており、確かにこの場所はよく日の当たる場所になります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(19) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。