2016年10月25日
キンイロエビグモの幼体

車庫の中を歩いているクモがいましたが、体長が1cmもない小さなクモでした。
調べてみたら、キンイロエビグモの幼体のようです。
恐らくこのクモのものだと思いますが、写真のような色と大きさの抜け殻を車庫の中で毎年見ます。いつもどこかで虫を捕食している車庫の住人なわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年10月21日
冬を感じるエゾアオカメムシ

日中の気温は決して暖かくはなく、夜の気温も一桁。動きたいように動けるようになるには、もはや日光浴は欠かせません。
エゾアオカメムシも太陽に背中を向けながら、冬の訪れを感じているようです。
ちなみに、明朝の最低気温の予報は2℃を下回りそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年10月20日
ベランダ菜園実況

今年の秋のベランダ菜園は少しスケールを下げつつ行っていますが、これはキャベツです。


ベランダ菜園実況

すでに結球期に入っていますが、少し遅れ気味です。日々寒くなってきているので、ちょっと心配な次第。


ベランダ菜園実況

こちらはハクサイ。今回のハクサイでは、葉の端っこが枯れる現象が2度ほどありました。
1度目に葉枯れした分の葉は撤去しましたが、2度目の葉枯れが写真で確認できます。
葉枯れの現象は一定期間続くので、その時期に伸びてきた葉すべてに葉枯れの症状が現れます。


ベランダ菜園実況

今伸びてきている中央部は、葉枯れの現象がありません。


ベランダ菜園実況

枯れる葉と枯れない葉が交互に並んでいます。原因は、石灰不足、ホウ素不足、有機物不足、有機物未熟などが考えられるようです。
現実的には、今年から使用している肥料が原因なのか、または水不足で摂取不足に陥ったのかは不明です。
いずれにしろ、端っこが枯れた葉はすぐに生長が止まって大きくなれないでいます。キャベツもそうですが、結球した中央部を大きくするには周辺の葉がいかに大量にあるかが重要となるので、今回のように周辺の葉が生長不良を起こしている状況では中央部の生長はあまり期待できません。


ベランダ菜園実況

九条太ネギ(右)とサンガイネギ(左)。今年もサビ病が発生しましたが、規模は小さく、拡散は起こりませんでした。あと、何度かゼニゴケが発生しましたが、土ごと撤去済み。
堀上げと再移植を行う予定でしたが、来年にします。


ベランダ菜園実況

四季なりイチゴ。一時は葉で覆われてマリモのようになりましたが、ランナーと葉を大量に落とし、新しい葉が出てきた状態です。


ベランダ菜園実況

いまだに花を咲かせ…


ベランダ菜園実況

そして実になります。ただ、春先の実と比べると味は酸っぱめ。


ベランダ菜園実況

これは、ミニトマトを終えたプランター。ベランダから降ろす際に重いので、しばらくはベランダで土の水分を飛ばします。
生えているのは、鳥の食害の際のこぼれ種から発芽したミニトマト。数十本発芽しましたが、実験のために1本だけそのままにしていました。
土はすでにカラッカラなのですが、なぜか生存中。おそらく、朝露などを摂取して生きているっぽいです。
この株に実がなる可能性はゼロですが、とりあえず自然のままで推移させようと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年10月19日
羽化後間もないミノウスバのオス

オレンジ色のものがヨタヨタ歩いていたので見てみたら、ミノウスバのオスでした。翅が伸びきっていないので、羽化したばかりのようです。


羽化後間もないミノウスバのオス

上から見ると、まさに翅が丸まっています。


羽化後間もないミノウスバのオス

ミノウスバは蛾なわけですが、半透明な翅と鮮やかなオレンジ色の体をしており、黒い毛と相まってなかなかかっこいい蛾です。また、夜ではなく昼に活動する蛾なので、蛾っぽくありません。

春に葉を食べて成長した幼虫はそのままマユを作ってサナギになり、夏の間はそのまま夏眠します。そして秋になって涼しくなると、今回のように羽化します。
この個体を発見した場所はこの近くであり、あのときの駆除から逃れた個体がそのまま夏を越して羽化したようです。このような強運の持ち主の個体はその運を尊重し、あえてそのままにすることにしています。一生独身でいろよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2016年10月18日
2母の筋あり個体が★

撮影時はまだ健在でしたが、左下の筋あり個体が★になりました。
老夫婦の筋無し個体(真ん中)が最も代の古い個体ですが、その両脇の2母の2匹もそれに次ぐ古い個体であり、いずれもかなり長く生きていることになります。


2母の筋あり個体が★

これは、老夫婦の筋無し個体。2か月ほど前に★になったつがいの片割れです。
すでに8年以上生きており、今回★になった2母の片割れも6年か7年は生きていたと思います。
名前が複雑すぎて何が何なのかわからない場合は、こちらの家系図を参照。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(12) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
2016年10月16日
純筋無し4兄弟と純筋あり4兄弟

純筋あり4兄弟も、来年は交尾をして親になるかもしれません。


純筋無し4兄弟と純筋あり4兄弟

人間で言えば20代ぐらいです。なんとなくですが。


純筋無し4兄弟と純筋あり4兄弟

こっちは純筋無し4兄弟。


純筋無し4兄弟と純筋あり4兄弟

霧吹きの水を飲んでいるのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | カタツムリ〜2016年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る