2017年03月20日
パネルヒーターのタイマー制御の結果

パネルヒーターのタイマー制御の結果

気候が少し暖かくなってきているのもありますが、こうやって見ると外気温の割には温度が上がりすぎておらず、まずますの温度推移となっています。
MAX値を今ぐらいに保つよう、気温の上昇とともに通電時間をさらに減らしていく予定。
そろそろマット交換もしたいこのごろな次第。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | カブトムシ | 更新情報をチェックする
2017年03月17日
パネルヒーターのタイマー制御開始

パネルヒーターの効果で温室の中の温度(左側)としてはいい推移ですが、ちょっとここでヒーターをタイマー制御してみることにしました。


パネルヒーターのタイマー制御開始

制御内容は画像の通り。オレンジ色の時間帯だけヒーターに通電されます。
夜は2時間通電して1時間休み、日中は1時間通電して1時間休み。これで中の温度がどのように推移するのかを見る予定。


パネルヒーターのタイマー制御開始

まだまだ夜は氷点下。温室は必要です。


パネルヒーターのタイマー制御開始

幼虫は6匹全員健在なり。この幼虫は上に出てきていたので、水分量の上下のバランスが悪かったかもしれません。フンも明瞭に見えるので、よく食べているようです。
ちなみに、この幼虫は3齢幼虫としてはピークの大きさに達しています。

飼育ビンの中のマットが下部から乾燥が始まることについてですが、パネルヒーターを下に敷く方式を改めるか、加温時間数を減らすなどの措置が必要かなと思っています。
今回タイマーを設置したのもそのためで、もう少し低い温度で推移させることが可能かどうかの実験です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | カブトムシ | 更新情報をチェックする
2017年03月16日
春を待つサナギたち

保護中のオオモンシロチョウのサナギ。まだまだ羽化するような気温ではありません。


春を待つサナギたち

モモスズメのサナギは土の中。生きているのかどうかも不明ですが、とりあえず霧吹きで土を湿らせました。
このモモスズメのサナギですが、土の中から出そうかと考え中。というのも、この土はほぼ黒土なのですが、乾燥すると固まってかなり固くなってしまいます。霧吹きでまた柔らかくなりますが、乾燥するとまた固くなります。
もし固くなっている時に土中で羽化した成虫が地上に向かったら、固くなった土を切り崩せないかもしれないと思うわけです。
自然界の土にはもっと固い場所もあり、それでも羽化してくるたくましさはあるはずですが、目の前での事故はできるなら避けたい次第。
仮に土中のサナギを掘り出して地上に置く形にしても、羽化後の足場さえちゃんと作っておけば、そっちのほうが事故のリスクは少ないと思います、なんとなく。
はてさて、飼育に悩みはつきものですが、ローリスクかつ安全優先で管理するのがいいのかなと思ったりします。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | スズメガ | 更新情報をチェックする
2017年03月15日
筋あり4兄弟も穴掘り開始

老夫婦の片割れと筋無し4兄弟に続き、筋あり4兄弟も穴掘りを始めました。
この深さは間違いなく産卵のための穴ですが、産卵はありませんでした。


筋あり4兄弟も穴掘り開始

産卵期の前の試し掘りのようなものかもしれません。地面の様子や水分量を確認したいのかも。


筋あり4兄弟も穴掘り開始

うしろに掘り上げた砂利が盛られています。
全身の筋肉を10〜20秒に1回伸縮させて、足に接した砂利を上方向に滑らせながら運んでいくスタイル。
写真では2cmほど掘っていますが、これだけ掘るのに半日ほどかかります。休み無しに掘り続けるので、カタツムリにとってはとてつもない重労働になります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年03月14日
クロッカスの発芽

ようやく雪が無くなった野原風花壇のクロッカスが発芽していました。これは黄色い花が咲くクロッカス。


クロッカスの発芽

同じく野原風花壇のクロッカスですが、こっちは紫色の花が咲くほう。


クロッカスの発芽

これはプランターの紫色の花が咲くクロッカス。


クロッカスの発芽

こっちは黄色。
春は間違いなく近づいてきています。
タグ:クロッカス
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2017年03月13日
ウスカワマイマイの亡骸

雪解け後の土の上でよく見られるのは、ウスカワマイマイの殻。もちろん宿主はいません。
庭や野原で膨大な数に増えるウスカワマイマイですが、冬には膨大な数の個体が亡骸になります。それでもまた梅雨時には大発生して膨大な数の卵を産みます。


ウスカワマイマイの亡骸

雨や紫外線で風化し、殻は白く脆くなっていきます。やがて、風で飛んできた葉っぱに当たっただけで壊れるほど脆くなり、粉々になって土になっていきます。
土になった殻は土の酸性度を改善し、花や木の養分になる……のかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。