2017年03月24日
マルバアサガオの種を採取

窓際で咲いていたマルバアサガオの種を採取しました。
種をつけなかった花が6〜7個あったので個数は少なめですが、1個1個の質はいいです。


マルバアサガオの種を採取

丸い穴のようなところから根が出てきます。皮が軟らかい場合は、その付近を突き破って出てきたりします。
自然採取したアサガオの種は皮が硬いので、蒔く前に皮の表面を少しだけ傷をつけてから蒔くと芽が出やすいです。この場合、水に浸ける必要は無いです。
水に浸ける場合は傷をつけないで浸けますが、それでもゴムのようになった皮を自分で破れない種が出てきたりするので、少し発芽率は落ちるかも。
何もしないで蒔くと発芽しないことは無いですが、発芽までけっこう時間がかかるかもしれません。
売っているアサガオの種の多くは「発芽処理」がされているので、そのまま蒔くのが正解。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。