2017年08月26日
オオルリボシヤンマの産卵

少し早めですが、オオルリボシヤンマが産卵していました。オニヤンマくらいある大型トンボです。


オオルリボシヤンマの産卵

向きを変えて産んでますな。


オオルリボシヤンマの産卵

産卵中の上を別のトンボがホバリングしているのを見かけますが、これは産卵中のメスをオスが守っているのだと思われます。


オオルリボシヤンマの産卵

こっちでも産んでました。水中の枯れた草の茎にしっぽの先をこすりつけるようにして産みます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2017年08月26日
エンマコオロギの幼虫

産卵管が見えるので、メスです。エンマコオロギの幼虫です。次の脱皮が羽化となりそうです。


エンマコオロギの幼虫

すでに周りからはエンマコオロギの鳴き声が聞こえており、夏も終わろうとしています。
つか、最近また暑さが戻ってきており、今年の夏はわけがわかりません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2017年08月26日
ナスとトマトとミニトマトの収穫

まずは、大玉トマト(桃太郎ファイト)の初収穫。さんざん病気で悩まされた大玉トマトですが、度重なる長雨で実割れ(裂果)も続出し、ここにきて奇跡の収穫とぁぃなった次第。小玉が1個ですw
さっそく食べてみましたが、皮は厚いわ酸味は無いわで、違った意味で奇跡の味でした。

ミニトマトも実割れは続いており、それでも割れが進行していないものを収穫。久々に収穫したミニトマトを食べましたが、やはり実割れが発生するほど水を吸い込んだ実なので、味は甘さも酸味も前よりは薄くなっていました。

ナスは、右2本がとげのある長ナス(筑陽)、左1本がとげの無い中長ナス(とげなし千両二号)。
冷夏と長雨で実の生長の勢いに大きな格差が生じ、なかなか大きくならなかったり気がついたら収穫サイズを超えていたりしている次第。ちなみに、左の中長ナスは収穫期を超えて巨大なサイズになりました。

今年はベランダ菜園を始めて以来最大の凶年。とにかく長雨が最大の原因です。
ベランダ以外の場所でも、あちこちにコケや藻が発生し、黒カビやキノコも普段見ないところにも発生しています。お隣さんの家の犬小屋にもキノコが生えていましたw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2017年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。