2017年09月05日
その後のカタツムリ

筋あり4兄弟。


その後のカタツムリ

筋あり4兄弟は、婆ちゃんカタツムリの子です。


その後のカタツムリ

筋無し4兄弟。


その後のカタツムリ


筋無し4兄弟は、婆ちゃんカタツムリの子です。


その後のカタツムリ

純筋あり4兄弟。


その後のカタツムリ

純筋あり4兄弟は、婆ちゃんカタツムリの孫です。


その後のカタツムリ

純筋無し4兄弟。


その後のカタツムリ

純筋無し4兄弟は、婆ちゃんカタツムリの孫です。


その後のカタツムリ

2母の片割れ。同じケースの中で同年代の兄弟の死を経験し、そして今回母の死に直面しました。
兄弟の死で一人になった時は食欲が激減して弱ってしまいましたが、母と同居してからまた食べるようになって元気になっていました。
殻の大きさが4cmを超える大柄な体格ですが、精神的にはデリケートな個体です。今後が少し心配です。


その後のカタツムリ

2母の片割れは、婆ちゃんカタツムリの子です。筋あり4兄弟と筋無し4兄弟とは、年の離れた兄弟です。


その後のカタツムリ

婆ちゃんカタツムリもこれで見納め。写真ではぼかしていますが、寝ているように横たわっています。


その後のカタツムリ

野原風花壇の隅っこに埋葬しました。ちょうど黄色みがかった半球形の石があったので墓石にしました。


その後のカタツムリ

『 ゆっくり休ませてもらいますよ 』                           (-ω-)ゝ


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(15) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年09月04日
ニンジンにヨモギエダシャクの幼虫か?

今年は植物全般にわたって葉や枝の生長が異常に激しく、ベランダのニンジンもその例外ではありません。
どちらかと言えば小柄な品種のベーターリッチなのですが、背丈が50cmを超えて支柱とヒモで支えている状況。
右に片寄っているのは風の影響。


ニンジンにヨモギエダシャクの幼虫か?

そんな中、いかにも食べられた感のある葉を発見。とうとうキアゲハの幼虫でも来たかと思いましたが・・・


ニンジンにヨモギエダシャクの幼虫か?

いました、中央です。シャクですなw


ニンジンにヨモギエダシャクの幼虫か?

シャクってます(^O^)


ニンジンにヨモギエダシャクの幼虫か?

のの になっていますが、結局4匹を発見。ヨモギエダシャクの幼虫かもしれません。体長はまだ1cmちょっとなので、若い幼虫です。
ニンジンの収穫予定は、3〜4週間後。8月からキャベツ・ハクサイ・小カブ・ミニダイコンをやる予定でしたが、いまだ手つかずなので今季はボツにします。ミニプランターでやる葉ものは何かやるかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年09月03日
ナスの収穫

長ナスの筑陽が20cmぐらいになっていたので収穫とぁぃなった次第。


ナスの収穫

全部で4本収穫。葉の影になっていた実には日が当たりにくいので、色が少し薄くなっています。
花の開花数増加や実の生長についてはほぼ停止状態に入りましたが、これからどれだけ盛り返すかが自分的には見所となっています。
タグ:ナス 収穫 筑陽
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年09月02日
アキアカネ再び

夏もあっという間に過ぎようとしていますが、アキアカネです。


アキアカネ再び

そのうち赤トンボもたくさん見ることができるでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2017年09月02日
8年半の生涯を閉じたカタツムリ

現在飼育中のカタツムリの中で最長老の個体が★になりました。写真は、親の死を確認する同居中の子。
「老夫婦の片割れ」の名で呼んでいた個体で、今いる個体すべての血縁関係の頂点にいた個体になります。
家系図はここ

ひとつの生き物と8年半もいっしょにいると、その共有した時間の長さから何か特別のものがあります。
人間は人間の尺度で老い、カタツムリはカタツムリの尺度で老いてその生涯を終えたわけです。
晩年は長く生きてきたオーラも神々しく、一歩下がって見ていました。

今さらですが、カタツムリがこんなに長く生きることもあるんだと驚いています。
飼い始めたころの個体は2年か3年の寿命だったですし、資料などを見ても大型種はそんなもんだと書かれていました。
実際、2〜3年経ったころから殻の老化が進み、殻の表面の膜も取れてボロボロの状態になりました。しかし、そこからが長く、ボロボロの殻のままさらに5年以上生きました。

悲しさや寂しさというものは無く、むしろ長く生きた生涯を称賛してあげたい気持ちです。
目の前でこんなに立派な人生を見せてくれたことに感謝です。
この個体は子を残し、孫も生まれました。それらの個体の世話をしっかりとやることが供養につながると思う次第。

お疲れさま、婆ちゃん。.......................................................@ノ”
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(10) | カタツムリ〜2017年 | 更新情報をチェックする
2017年09月02日
晩夏の一輪のヒマワリ

時期をずらして種を蒔いたヒマワリが開花しました。
右のほうにミツバチが来ていますな。この時期に大量の花粉を提供する花は貴重です。


晩夏の一輪のヒマワリ

花粉を集めているようですが、右の花びらの隙間にハエトリグモが隠れています。
獲物としてはちょっと大きすぎるようで、襲うことはありませんでした。
タグ:ヒマワリ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。