2017年11月10日
オオカマキリが二度目の産卵

ふと見ると、オオカマキリが産卵を始めていました。保護下では二度目の産卵です。


オオカマキリが二度目の産卵

産卵終了。6時間かけた産卵でした。


オオカマキリが二度目の産卵

うまくネットに産んだので、ネットを交換しました。


オオカマキリが二度目の産卵

卵鞘。前回同様小さめですが、卵はちゃんと入っていると思います。


オオカマキリが二度目の産卵

ネットにもしっかり付いています。


オオカマキリが二度目の産卵

先日載せた動画ではおなかがぷっくりしていましたが、産卵後の今はまた細いおなかとなりました。
とりあえず、産卵に至る栄養を与えることができていたことがわかり、ほっとしています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | オオカマキリ2017 | 更新情報をチェックする
2017年11月09日
【動画】オオカマキリの自由時間

オオカマキリとは毎日か1日おきにコミュニケーションをとって親交を深めていますが、かなり馴れてきました。


【動画】オオカマキリの自由時間

ツンデレがたまらないわけです。このあたりは完全にネコです。
そんなわけで、ちょっと動画を撮ってみました。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | オオカマキリ2017 | 更新情報をチェックする
2017年11月08日
ヨーロッパイエコオロギ飼育開始

こうなることは薄々わかっていましたが、オオカマキリのえさとして捕獲していたハエなどの虫も見なくなり、いよいよ生餌としてのヨーロッパイエコオロギの飼育開始とぁぃなった次第。
2007年2008年にも同じようなことになっていますw


ヨーロッパイエコオロギ飼育開始

過去の飼育ではオオカマキリがイエコオロギの反撃にあってケガをしたことがあったので、小型サイズのイエコオロギを導入。体長は5〜7mmぐらい。成長が早いので、ここらあたりから開始しておかないと、あっという間に大きくなるのであります。土は、川砂と粉砕活性炭を1:2で混ぜています。


ヨーロッパイエコオロギ飼育開始

水は必須。イエコオロギ飼育の場合では水をどのようにあげるかがポイントのひとつになるのですが、前回同様小鳥用の水飲み器を使用。飲み口に硬いスポンジを詰め、周囲側面には登りやすいように傷をつけました。


ヨーロッパイエコオロギ飼育開始

えさはスズムシのえさを使用。ニボシ粉末入りなので、共食い防止にもなります。


ヨーロッパイエコオロギ飼育開始

さっそくお食事の時間。


ヨーロッパイエコオロギ飼育開始

1分弱で食べてしまいます。1日2匹ぐらいあげてもいいかも。


ヨーロッパイエコオロギは寒さが苦手なので、暖房が効いている環境に設置。あと乾燥好きなので、霧吹き厳禁です。
肉食昆虫を保護したからには、生餌を用意しなければならないので大変です。
いやはや、まいったまいった(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | オオカマキリ2017 | 更新情報をチェックする
2017年11月07日
オオカマキリの足場増設

『脚の吸盤をちゃんと掃除しないと、天井から落ちそうになるお』

なんだかカマキリが苦労しているようなので、ちょっと足場を増やすことにしました。


オオカマキリの足場増設

ふたの裏側とケースの左右にネットを増設しました。


オオカマキリの足場増設

作業中は、作業台周辺を自由に探検させた次第。


オオカマキリの足場増設

完成。ネットを使ってぶら下がっているようです。


オオカマキリの足場増設

『なかなかいーかんじだお』

かわええ・・・(;´Д`)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | オオカマキリ2017 | 更新情報をチェックする
2017年11月06日
車庫でオオトビサシガメに遭遇

先日ここで見たオオトビサシガメはベランダでしたが、今回は車庫の中です。同じ個体かどうかは不明ですが、寒くて車庫の中に入り込んだようです。


車庫でオオトビサシガメに遭遇

肉食性のカメムシなので、寒くて獲物もいなくなった今は食べるものが無いと思われます。


車庫でオオトビサシガメに遭遇

いずれはこのカメムシも寿命を迎えるでしょう。


車庫でオオトビサシガメに遭遇

今日あたりだと、夜間は車庫の中と外では10℃ぐらい違うと思います。


車庫でオオトビサシガメに遭遇

とりあえず、車庫の中に置いている観賞用の四季成りイチゴの鉢に移動。
コンクリートの上よりは、土や緑のほうがいいでしょう。


車庫でオオトビサシガメに遭遇

カマキリのえさ探しで車庫の中のクモまでも捕獲してあげているので、車庫の中はクモもいません。
明日以降少し気温が上がる予報なので、明日に外に逃がす予定。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2017年11月06日
秋ナスの収穫

秋と言ってももはや初冬の気候となっているわけですが。通称秋ナスを収穫した次第。


秋ナスの収穫

上が長ナスの「筑陽」、下が中長ナスの「とげなし千両二号」。
どちらもほぼ生長が止まっていますが、なんとか収穫できる分はこれだけ。
まだ小さな実がなっていますが、今回が最後の収穫となるでしょう。


秋ナスの収穫

風景は秋ですが、朝方は0℃近くまで下がります。虫も全くいなくなりました。
タグ:秋ナス 収穫
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2017年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る