2017年11月01日
アオムシコバチのマユ

外壁に小さなマユがくっついていました。アオムシコバチのマユに似ています。
マユはすでにふたが開いたようになっており、羽化後の抜け殻のようです。
この付近の場所は毎年ミノウスバのマユが越冬しており、もしかしたらミノウスバの幼虫に寄生していたアオムシコバチ系の寄生バチが羽化したのかもしれません。
アオムシコバチはミノウスバの命をもらったわけです。自分も今日はベーコンを食べたので、豚の命をもらいました。生きるための正当な行為なのですが、どこかで感謝の気持ちだけは持っていたいものです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2017年11月01日
桃の種のその後

2か月ほど前に桃の種に変化があったことを書きましたが、現在はこんな状況。
ん〜、だめのようですな。根や芽に生長する部分が無く、子葉の細胞だけが生きている状況。子葉だけが自給自足しているかんじです。
奥のほうは全く変化なし。ただし、カビも不思議と全く生えません。芽が出そうにもないですが、とりあえずこのまま様子を見ます。
タグ:実生
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | | 更新情報をチェックする
2017年11月01日
外でオオモンシロチョウのサナギを発見

ん?あれはオオモンシロチョウのサナギじゃありませんか!
建物の基礎部分のコンクリートにくっついています。


外でオオモンシロチョウのサナギを発見

まさにオオモンシロチョウのサナギです。


外でオオモンシロチョウのサナギを発見

さわるとピコンピコン動いたので、生きています。


外でオオモンシロチョウのサナギを発見

数十センチ離れたところで見上げると、金枠のところに褐色のオオモンシロチョウのサナギも発見。
右側は生きていましたが、左側は抜け殻です。古っぽいので今年の春に羽化した抜け殻かもしれません。
発見場所は、いずれも南側。テントウムシのサナギも南側のコンクリート面にくっついていることがあり、太陽光=暖かさを欲しているようにも思えます。


外でオオモンシロチョウのサナギを発見

さらに発見。白っぽいほうは抜け殻でした。茶色のほうは詳細不明。
素直な感想としては、オオモンシロチョウがこんなに庭に生息していたことに驚き。
今までの幼虫の発見場所から見た場合、そのほぼ中間地点にミニ畑があります。
幼虫の発見場所はミニ畑から10m以内のところ。発見時の幼虫は終齢で蛹化場所を探しに遠征中だったと思われるので、ミニ畑から少し離れた場所を歩いていて発見されやすかったのだと思います。
オオモンシロチョウの幼虫の初回発見は昨年であり、今回のサナギの抜け殻も昨年のものであると思われることから、少なくてもオオモンシロチョウの幼虫は昨年から生息していたようです。
これらのサナギはもちろん放置。冬の氷点下の気温を耐え、春の暖かい陽光の下で羽化していくでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る