2018年01月10日
カマキリの現在の老化欠損状況

最近ポツポツと老化現象がみられるようになったので、メモメモ。
この左の触角が欠損しているのは採取時からです。


カマキリの現在の老化欠損状況

左のカマのふ節の吸盤&爪が欠損しているのも採取時から。


カマキリの現在の老化欠損状況

後翅の一部が裂けて前翅にくっついています。先日の産卵事故によるものと思われます。


カマキリの現在の老化欠損状況

右の中脚のふ節の吸盤&爪の欠損。最近気づきました。


カマキリの現在の老化欠損状況

右の後脚のふ節の吸盤&爪の欠損。結構前からです。


カマキリの現在の老化欠損状況

左の中脚のふ節は関節がおかしくなりつつあります。


カマキリの現在の老化欠損状況

左の後脚のふ節は正常。ちゃんとくっつき、ちゃんと引っかかり、ちゃんと動きます。


カマキリの現在の老化欠損状況

真上から見ると、ふ節の無い箇所がわかります。

脚の先のふ節には吸盤部と爪部があり、吸盤部はつるつるした面を歩くときに吸盤を吸いつけながら歩きます。爪部は、歩くときや体を支えるときに引っかける部分です。
なので、吸盤や爪が無いということは、これらの役割を果たせなくなるということです。

当初、右の後脚のふ節だけが欠損していたころは、カマを除く4本の脚の残る3本で正三角形を描くように体を支えていました。しかし、今回、右の中脚のふ節が欠損したことで、ぶら下がりながら体を支えることが非常に困難な状況になりました。
最近は、天井ではなく、垂直面に頭を右にしてとまっています。要は、爪のある左側の脚を引っかけ、ふ節の無い右脚で体重を支えている状態。

目先の不具合としては、エサ捕獲の際の姿勢に制限が出ることと、重心移動の際の安定性が著しく悪化すること。
この先また産卵期を迎えるとすれば、今まで天井の網に産んでいましたが、これはもう無理になります。
なので、垂直面でうまく体を支えるようなアクロバット的姿勢でもとらない限り、産卵は厳しい状況です。

カブトムシなどの昆虫でもそうですが、老いてくるとふ節がとれます。
これは、関節が硬くなってきて動きが悪くなり、そのうち動かなくなってどこかに当たった時ポロリと折れてしまうようなかんじです。
前にカマキリを介護飼育していたころは、脚のメイン関節ばかりかカマの関節まで動かなくなり、もはや捕獲はできない状態だったので、いつも口元にえさを運んで食べさせていました。

ふ節の欠損で自重を支える重心がずれた今、そろそろ始まりそうな介護のことを思うわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | オオカマキリ2017 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る