2019年07月16日
ヨトウムシを確保

4〜5日前に、室内に置いているあまおう(イチゴ)の育苗中の苗に食痕を発見。室内に置く前は外に出していましたが、その時に何者かが侵入していたようです。


ヨトウムシを確保

犯人発見。ヨトウムシっぽいです。体長は1.5cm。イチゴの葉を食べるとは、なんともグルメなヨトウムシなのであります。


ヨトウムシを確保

どうしようかと迷っているうちに時間が経過し、本日確保状態にあり。ワイルドストロベリーの葉ならいくらでもあるのであげてみたら、普通に食べ始めました。


ヨトウムシを確保

発見から4〜5日経過し、体長が2cm弱になりました。色も緑がかっていたかんじが黒っぽくなっています。


ヨトウムシを確保

上から見たところ。


ヨトウムシを確保

ヨトウムシにしては大人しくて愛嬌もあるので、もう少し確保状態を続行する次第。
発見時もそうでしたが、確保中も葉の食べ始めはいつも真ん中からです。普通は端から食べ始める幼虫が多いですが、この幼虫は葉脈のところを裏からかじり、そこをスタート地点として葉を食べ進むようです。結果的に、葉に穴が開いたような食痕になるわけです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
2019年07月15日
ヒマワリにモンキアワフキ

夏に向けて大きくなっているヒマワリの茎で、モンキアワフキが休んでいました。
この辺りというか庭ではシロオビアワフキが9割以上なのですが、モンキアワフキは珍しい次第。
まあ、そこらの汁でも吸ってくつろいでいってくださいなわけなのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2019年07月15日
ベランダにアカマダラカゲロウ

毎年のようにベランダでアカマダラカゲロウを見るのですが、もしかしたらベランダ内の水があるところで毎年孵化と産卵が行われているのかもしれません。
ベランダでは家庭菜園をやっているので常にどこかが濡れており、冬は冬で雪解け水もあります。水生昆虫時代に食べるものがあるのかは不明。ボウフラとかわいてたりしてw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2019年07月14日
ヒメウラナミジャノメ参上

庭にヒメウラナミジャノメが来てました。
色模様が地味なので、子供のころは蛾だ!蛾だ!と嫌っていましたが、今ではこの落ち着いた色模様になごむのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2019年07月14日
ナミテントウ二紋型

人懐っこいナミテントウ登場。指の上で撮影会です。


ナミテントウ二紋型

カエデの葉にいました。体格がひとまわり大きい二紋型のナミテントウです。
いっぱいアブラムシを食ってくれよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2019年07月14日
アリの結婚飛行の現実

ベランダで新女王アリを発見。どこかの巣で結婚飛行が行われたようです。今日は気温も上がって湿度も高く風は弱め。


アリの結婚飛行の現実

小さな羽アリもいました。オスアリです。


アリの結婚飛行の現実

これは、クロヤマアリに襲われる羽アリ。交尾を終えて地上に落ちた羽アリは、地上のアリのエサになります。
このような襲われる羽アリは、今日だけで十数回見ました。


アリの結婚飛行の現実

これは2匹の小さなアリと格闘する新女王アリ。すでに翅を落としているので、新しい巣の適所を探しているところを襲われたようです。
わかりづらいですが、新女王アリは触角と脚をかじられて引っ張られています。


アリの結婚飛行の現実

こちらは、小さなアリと格闘して勝利した新女王アリ。小さなアリは新女王アリのアゴに噛みつき、腹部をもぎ取られて負けました。
しかし、新女王アリのアゴにがっちりと噛みついた上半身はいまだ離れず、新女王アリもこれを外そうともがいていました。

結婚飛行で空に飛び立った新女王アリと羽アリは空中で交尾して地上に降りてきますが、その地上は極限のサバイバル。ゾンビに占領された街に降りるようなものです。
その中で強運に恵まれた新女王アリだけが、新しい巣の場所を見つけて新しい一族の第一歩を築くわけですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。