2019年08月30日
群れるトンボ

何のために生まれてきたのか。何のために水の中で暮らしていたのか。それは、交尾をする今この時を迎えるためなのであります。
風情のある秋の風景かもしれませんが、実際はエネルギッシュな躍動感あふれるさまなわけです。


群れるトンボ

まさに嵐の前の静けさ。たくさん食べて体力をつけ、来たるべき時を待ちます。


群れるトンボ

『応援してね!』
タグ:トンボ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2019年08月29日
陽気なウスイロササキリ

『ぁぃさん、この爪楊枝欲しい?』

(´・ω・`)< 残念ながら、それは枯れ草です・・・。


陽気なウスイロササキリ

『こっちは枯れてないみたいだなぁー』

(´・ω・`)< いりませんからw


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2019年08月29日
熟成期のヒマワリ

過去最大の背丈で過去最大の花を咲かせた今年のヒマワリですが、平べったい花が半球形に膨らんで種を形成しています。


熟成期のヒマワリ

野鳥のセキレイあたりが来て少しついばんだようですが、種の採取には失敗したようですw
タグ:ヒマワリ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2019年08月29日
サクランボを庭に定植

2006年の夏、スーパーで買った佐藤錦の種を蒔いて発芽した苗も、13年目にして定植の日を迎えました。
樹液もれや葉枯れなどの色々な事件や事故もありましたが、樹形もできてきているので自由に根を伸ばさせたいと思う次第。


サクランボを庭に定植

穴掘って堆肥を入れて水入れて、そこに入れます。


サクランボを庭に定植

定植完了。今後も強剪定は続行し、人の背を超えないレベルに保ちたいと思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | サクランボ | 更新情報をチェックする
2019年08月28日
四季なりイチゴのこぼれ種が発芽

そろそろ定植したい四季なりイチゴの孫株ですが、親株のプランターの土に苗を発見。


四季なりイチゴのこぼれ種が発芽

落果した実の種が発芽したようです。
イチゴ的には、子株や孫株は自身の分身、実生苗は子孫になります。
分身は基本的に親株の味や品質がそのまま移行しますが、子孫は別個体なのでどうなるかわからないのであります。
なので、この四季なりイチゴは初代からずっと分身で続けています。
ちなみに、ワイルドストロベリーの初代は実生苗ですが、及第点の実だったので以後は分身で続けている次第。
今年は「あまおう」の実生苗も育てていますが、仮に実がなったとしても売っているほどの味にはならないのはほぼ確実。子孫には味は移行されないのであります。
売っているおいしい実は、生産者が何度も掛け合わせをしてようやくできた傑作品の苗が作り上げた実。生産者はその分身をずっと続けているので、ずっとおいしい実ができるわけです。
実生になることでその”おいしさ遺伝子”が断ち切れるため、売っている実のおいしさは実現できないのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
2019年08月28日
ミニトマトもそろそろ終わり

ミニトマトもラスト1回の収穫を待つのみとなりました。
Yの字になっていて、二つの苗を二本仕立て(未摘心)にしているようすがわかります。
今年も裂果の発生はありましたが、台風や野鳥の襲来が無くて静かな年でした。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る