2019年08月01日
一日一葉ヨトウムシ

大きめのワイルドストロベリーの葉を夜にあげると、次の日の夕方には食べつくしているあたりはさすがヨトウムシ。
庭にいたらたまったもんじゃないですが、こうして飼ってるとその食べっぷりに歓喜するわけです。


一日一葉ヨトウムシ

体長は4.5cm〜5cmぐらいになりました。皮膚に白い縦線が出てきており、もしかしたら脱皮が近いのかもしれません。


一日一葉ヨトウムシ

幼虫のころからふれあってると、成虫になってから少し馴れているのがわかるので羽化が楽しみです。


一日一葉ヨトウムシ

最近は、掃除の時に容器の縁を歩いて遊ぶようになりました。しきりにカメラのほうに上半身を寄せてきます。


一日一葉ヨトウムシ

あんよ。腹脚です。4対あって全部で8本です。


一日一葉ヨトウムシ

いちばん前の腹脚だけは、こんな形をしています。
腹脚には小さなカギ爪がたくさんついており、これが葉などにがっちり引っかかるので、幼虫を指でつまんで引き離そうとしてもなかなか離れません。
大型になると、引き離すのはもはや無理。葉ごと採取するか、体をさすって別の場所に移動してもらうしかありません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
2019年08月01日
二期作のマルバアサガオ

春に始めたアサガオも、種の採集の時季になりました。
まだまだアサガオの花を見たいわけで、今年はさらなるアサガオなわけです。


二期作のマルバアサガオ

少し前に蒔いておいたマルバアサガオの種も、すっかり丈夫な苗になりました。
今あるアサガオの種をある程度採集後、このふたつの苗のつるをからませて花を見たいと思います。
野性味あふれる品種であるマルバアサガオなので、夏から秋にかけての季節にも似合うと思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る