2019年08月10日
昆虫採集や寄生虫の動画で人気のある「むし岡だいき」チャンネルで、モモスズメの幼虫の写真が使用されました。

動画:【その後 】ヤドリバエに寄生された昆虫たち

なかなか興味深い動画なので、ぜひご覧ください(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 【メディア掲載履歴】 | 更新情報をチェックする
2019年08月10日
【注意】
 今回の画像はグロ要素が多めですので、苦手な方は退室ください。

  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
ヨトウムシ、蛹化失敗

そろそろサナギになったかなと容器の下からのぞいてみたら、なんだか様子がおかしいです。上半身が幼虫、下半身がサナギです。
サナギの部分はかなり色がついているので、蛹化開始からは一定の時間が経過したようです。ただ、この段階で幼虫の皮がくっついているのはおかしいです。
さらに、蛹化は幼虫の上半身の背中の皮が裂けて始まるはず。その上半身の皮がくっついているのは異常です。
取り出して詳しく見てみることにしました。


ヨトウムシ、蛹化失敗

ピコンピコン動いたので、まだ生きています。やはり、幼虫の皮がうまく破けず、抜け出せない状態です。
中央部の異常についてはよくわかりませんが、形状はサナギなのにサナギの外殻が形成されていない状態。内圧の関係でこうなったのか別の理由があるのかは不明。


ヨトウムシ、蛹化失敗

サナギの中では組織の形成が始まっているので、このタイミングでこの状態であることはかなりやばいです。


ヨトウムシ、蛹化失敗

上半身は、下半身と同様の状態になっていることが透けて見えています。
措置や対策としては複数の段階に分かれますが、まずは幼虫の皮を早急に脱ぎ捨てなければなりません。


ヨトウムシ、蛹化失敗

ケースの中の葉を撤去し、湿らせたティッシュの上にサナギを置きました。


ヨトウムシ、蛹化失敗

さらに、上半身を湿ったティッシュで覆い、皮の軟化を試みます。
うまく皮が軟化すれば、ピコンピコン動いているうちに皮が破れ、出てこれるかもしれません。

ただ、状況から見れば正直かなり絶望的。サナギの外殻の形成が止まっていることで、すでに羽化までのプログラムに異常が出ています。このことは組織形成にも大きな影響を及ぼすはずで、それがある限界を超えたときに生命自体が失われるかもしれません。
あとは皮が一刻も早く破れることを祈るのみ。ここ数日で運命が決まりそうです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ヨトウムシ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る