2019年08月28日
四季なりイチゴのこぼれ種が発芽

そろそろ定植したい四季なりイチゴの孫株ですが、親株のプランターの土に苗を発見。


四季なりイチゴのこぼれ種が発芽

落果した実の種が発芽したようです。
イチゴ的には、子株や孫株は自身の分身、実生苗は子孫になります。
分身は基本的に親株の味や品質がそのまま移行しますが、子孫は別個体なのでどうなるかわからないのであります。
なので、この四季なりイチゴは初代からずっと分身で続けています。
ちなみに、ワイルドストロベリーの初代は実生苗ですが、及第点の実だったので以後は分身で続けている次第。
今年は「あまおう」の実生苗も育てていますが、仮に実がなったとしても売っているほどの味にはならないのはほぼ確実。子孫には味は移行されないのであります。
売っているおいしい実は、生産者が何度も掛け合わせをしてようやくできた傑作品の苗が作り上げた実。生産者はその分身をずっと続けているので、ずっとおいしい実ができるわけです。
実生になることでその”おいしさ遺伝子”が断ち切れるため、売っている実のおいしさは実現できないのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
2019年08月28日
ミニトマトもそろそろ終わり

ミニトマトもラスト1回の収穫を待つのみとなりました。
Yの字になっていて、二つの苗を二本仕立て(未摘心)にしているようすがわかります。
今年も裂果の発生はありましたが、台風や野鳥の襲来が無くて静かな年でした。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
2019年08月28日
枝を移動したシモフリスズメの幼虫

左側が発見当時にいた枝。葉を4枚食べた後、いったん姿を消しました。探してみたら、30cmぐらい離れた枝に移ってました。実際の歩行距離は1mぐらい。
右側が今いる枝。枝の先端から葉を食べ始め、現在9枚目を食べています。
ムラなくきれいに食べるので、食べられた枝だけ不自然に葉が無い状態になります。


枝を移動したシモフリスズメの幼虫

振動を感じて固まるシモフリスズメの幼虫。今日初めて触ってみましたが、思ったより冷たくなく、ゴムみたいな皮膚をしていました。


枝を移動したシモフリスズメの幼虫

フンの長さも8mmほどとなり、まさに巨大幼虫なのであります。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | スズメガ | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る