2019年09月11日
ハナバチの交尾

体長1cmもない小さなハチが交尾をしていました。
ケアシハナバチかコハナバチあたりだと思いますが、名称は不明。
オスはどこにもつかまるところが無いのか、翅で体を支えてがんばってますw


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2019年09月10日
まだいたようちう

シモフリスズメの2匹の巨大幼虫を同時に1枚に収めたくて撮った次第。左上と右下にいます。
今回は、画像クリックでさらに大きい画像が開きます。


まだいたようちう

間もなく蛹化かな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | スズメガ | 更新情報をチェックする
2019年09月10日
ミツモンキンウワバがいた

こうして見ると下を向いている蛾なのですが、少し離れるとゴミにしか見えません。
発見時も、柵にゴミが付いているなと思って取り除こうとしたのですが、蛾だったので放置した次第。
この蛾の幼虫が、よくアブラナ科につくんだよなぁー。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2019年09月10日
そろそろ見納めのようちう

庭のライラックの葉を食べて育つ2匹のシモフリスズメの幼虫ですが、体長が10cm近くとなり、そろそろ木を離れて地中に潜って蛹化するころだと思います。


そろそろ見納めのようちう

食べる量やフンの量もとてつもないものとなっており、前いた幼虫もそういった現象の直後に姿を消しました。
幼虫を確保して蛹化や羽化を観察する策もあるのですが、サナギ時代の湿度管理を10か月以上続けなければならないので、このまま自然にまかせたいと思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | スズメガ | 更新情報をチェックする
2019年09月09日
オオチャバネセセリ参上

セセリチョウの中ではイチモンジセセリをよく見ますが、オオチャバネセセリが庭に来てました。


オオチャバネセセリ参上

この色よw


オオチャバネセセリ参上

セセリチョウは強大な筋肉で小さい翅を高速で動かすので、まるでバッタのようにすばやく飛び去ります。
色が色なだけに、一度見逃すともう見つかりません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2019年09月09日
どっちのイナゴだ?

草原でイナゴ発見。子どものころからおなじみの昆虫です。


どっちのイナゴだ?

ん〜?コバネイナゴにしては翅が長く、ハネナガイナゴにしては短く、なんとなくハネナガのような気もしますが。
まあどっちでもいいやというスタンスがぁぃの飼育ブログなわけなので、どっちでもいいですw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。