2020年03月12日
ふきのとう開花

福寿草が咲くとふきのとうはまだかまだかと庭を探すのですが、ありました。やっとふきのとうの季節になりました。


ふきのとう開花

多年草なので、生きていれば毎年同じ場所に芽を出します。


ふきのとう開花

咲きかけているのもありました。


ふきのとう開花

かなり開いているのもありました。


ふきのとう開花

こっちは開花直前です。
まだまだ夜は氷点下ですが、昼の日差しで地温が上がって顔を出すわけです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2020年03月12日
四季なりイチゴにもノボロギク?

毎年のことながら、寒さに当てるためにベランダに置いたままにした四季なりイチゴですが、適度に葉を枯らしながら生存中。上段が親、下段が子(孫株)です。
上段の真ん中あたりに、なにやらイチゴとは違う葉が見えます。


四季なりイチゴにもノボロギク?

ややっ!これはノボロギクではありませんか!種を飛ばすのは阻止しなければなりません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
2020年03月10日
富有柿の脇芽が伸びる

2月23日に摘心した富有柿ですが、目的であった脇芽が伸びてきました。


富有柿の脇芽が伸びる

■右の芽
右側が集中的に生長しています。脇芽と言っても左右が均等に伸びるのではなく、どちらかに偏ります。
それにしてもちょっと偏りすぎですがw
ここまで偏ってしまったので、この伸びた脇芽に対してまた同じような摘心をする予定。


富有柿の脇芽が伸びる

■真ん中の芽
この芽は三つ葉型の芽なので、やや膨らんだ程度です。三つ葉型は穏やかに生長することが多いです。


富有柿の脇芽が伸びる

■左の芽
こちらも偏ってますな。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 富有柿 | 更新情報をチェックする
2020年03月07日
コケの胞子のう満開

ベランダに置きっぱなしの九条太ネギのプランターを見たら、コケの胞子のうが満開になっていた次第。
ハマキゴケの胞子のうだと思います。「苔の花」とも言います。


コケの胞子のう満開

いやはや、いとをかしな次第。


コケの胞子のう満開

あぁぁ〜ん、じゃぱにぃ〜ずぅ(*´Д`)

ネギはある意味強烈な植物で、コンパニオンプランツなどでもよく用いられます。
要は周囲に強く影響を及ぼす力がある植物なのですが、それは主に土に対しての影響、つまり土質を変えるという意味もあると思います。
不思議なことに、ネギ類を植えたプランターの土には、毎年必ずコケが大繁殖します。培養土は他の野菜と同じものでスタートしているのですが、1年も経つとけっこう粘土質っぽく変わってきます。粒子が細かくなるわけです。これは、土壌中の微生物やバクテリアが元気だということかもしれません。
結果的に土の湿度も安定するので、コケが育ちやすいのかもしれません。酸性やアルカリ性といった要素もあると思います。
コケが生えれば土の乾燥も防ぐので、ネギにとっても都合がいいわけですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
2020年03月07日
こんなところにノボロギク

ふとした場所でノボロギクを発見!なぜこんなところにと思ったわけですが、去年のうちに種が飛んできてたんでしょうな。


こんなところにノボロギク

場所は、ベランダの四季なりイチゴのプランター。これは入れ替え済みのプランターで、ベランダに置きっぱなしにしていたやつです。


こんなところにノボロギク

まあ、しばしの鑑賞用とすることにした次第。種が飛ぶまではw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2020年03月05日
大輪福寿草

今日は日差しも出ていたので、でっかい福寿草がでっかく花を開いていた次第。
まだ周りには緑は無いのに、茶色い土の上に黄色い花を咲かせる福寿草は地面に落ちた太陽のよう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。