2020年03月07日
コケの胞子のう満開

ベランダに置きっぱなしの九条太ネギのプランターを見たら、コケの胞子のうが満開になっていた次第。
ハマキゴケの胞子のうだと思います。「苔の花」とも言います。


コケの胞子のう満開

いやはや、いとをかしな次第。


コケの胞子のう満開

あぁぁ〜ん、じゃぱにぃ〜ずぅ(*´Д`)

ネギはある意味強烈な植物で、コンパニオンプランツなどでもよく用いられます。
要は周囲に強く影響を及ぼす力がある植物なのですが、それは主に土に対しての影響、つまり土質を変えるという意味もあると思います。
不思議なことに、ネギ類を植えたプランターの土には、毎年必ずコケが大繁殖します。培養土は他の野菜と同じものでスタートしているのですが、1年も経つとけっこう粘土質っぽく変わってきます。粒子が細かくなるわけです。これは、土壌中の微生物やバクテリアが元気だということかもしれません。
結果的に土の湿度も安定するので、コケが育ちやすいのかもしれません。酸性やアルカリ性といった要素もあると思います。
コケが生えれば土の乾燥も防ぐので、ネギにとっても都合がいいわけですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2019年 | 更新情報をチェックする
2020年03月07日
こんなところにノボロギク

ふとした場所でノボロギクを発見!なぜこんなところにと思ったわけですが、去年のうちに種が飛んできてたんでしょうな。


こんなところにノボロギク

場所は、ベランダの四季なりイチゴのプランター。これは入れ替え済みのプランターで、ベランダに置きっぱなしにしていたやつです。


こんなところにノボロギク

まあ、しばしの鑑賞用とすることにした次第。種が飛ぶまではw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る