2020年07月26日
ネギの植え替え

右が九条太ネギ、左がヤグラネギ(サンガイネギ)。ここで株を植え替えてリフレッシュさせます。


ネギの植え替え

まずはヤグラネギ。プランターからごそっと出して株の根洗い。3本を選んで葉を切ったあとに植えました。土は新品の培養土。


ネギの植え替え

九条太ネギも同様に3本を移植。土も新品。

・・・とさらりと書いていますが、これをやるのに5時間ぐらいかかった次第。プランターの洗浄や古い土の処理、移植後の低速水やりなどで時間がかかるわけです。
とりあえず、今回のネギ2種とムスカリの掘り起こし&植え替えが終わってほっとした次第。

ネギ系は掘り上げた後に干しておいて秋ごろに植える方法もあり、そのほうが質の良いネギができるみたいです。
ただ、干しているときに腐敗するリスクもあったりするので、今回は質の良さよりも栽培の継続を優先しました。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2020年 | 更新情報をチェックする
2020年07月25日
5年ぶりのアザミオオハムシ

けっこう前にコガネムシくらい大きいハムシがいたなと思ったら、5年前にも撮ってました。
触角が完全にハムシなので、コガネムシになかまではないことはわかります。


5年ぶりのアザミオオハムシ

大きな葉の上にいたので、日光浴だったかもしれません。


5年ぶりのアザミオオハムシ

納豆みたいな虫だw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2020年07月25日
あるある昆虫見間違い

草むらなどで虫を探しているとき、あっ!いたっ!と思ってもそれが虫でないことがよくあります。
例えば、この写真のようなものを見たときは、一瞬目を凝らします。
「昆虫に似た植物の一部」と「擬態した昆虫」は、結構ややこしい次第。


あるある昆虫見間違い

ワラジーもあきれていますw
タグ:ワラジムシ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2020年07月25日
オシロイバナ開花

今年も、鉢植えのオシロイバナが開花しました。
冬の間は鉢を車庫の中に入れておくので、ここ寒冷地でも冬越しに成功し、土の中の誇大化した根っこから毎年春に発芽します。


オシロイバナ開花

このオシロイバナも完全に宿根草となり、2009年からなので11年目になります。


オシロイバナ開花

オシロイバナは、夕暮れあたりから開花し、朝にはしぼみます。なので、写真を撮るには夕方か夜になります。





posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
2020年07月24日
哀愁のシデムシ幼虫

なんだか悲しそうなシデムシの幼虫がいました。どうしたのでしょうか。


哀愁のシデムシ幼虫

一寸の虫にも五分の魂とも言いますので、何かあったのかもしれません。


哀愁のシデムシ幼虫

明日は元気でいてください。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2020年07月24日
葉大根の種蒔き for ナガメ

先日ナガメの幼虫の孵化を確認し、さらに新しい卵塊まで発見した葉大根ですが、株自体の老化で葉の質が落ちていることが気になります。
孵化した幼虫にフレッシュな食べ物を提供したいというわけで、新たな葉大根の種を蒔くことにした次第。


葉大根の種蒔き for ナガメ

3か所に蒔きました。これから暑くなる季節には葉大根としては厳しいので、うまく育つかどうかは不明。


葉大根の種蒔き for ナガメ

孵化した幼虫は、まだ集団状態。そのうち四方八方へと散っていくはず。


葉大根の種蒔き for ナガメ

新発見の卵塊は、色が少し赤くなってきました。


葉大根の種蒔き for ナガメ

いつもの幼虫も来ていますが、ナガメ優先なので退去いただいた次第。

ここで気になることがあって、今回はナガメの親個体の姿を確認できませんでした。
プランターの裏側とかいつもと違うところにかくれているとかならいいのですが、また確認して見ます。
まあ、寿命ということもあるので、落ちた後に風で飛ばされてしまったのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2020年 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。