2020年07月01日
人を刺さないセスジユスリカ

毎年一度は見るセスジユスリカ。ユスリカは人を刺さないので、安心して見ていられます。
長く伸びているのは前脚。葉にとまっているのですが、前脚は前方に浮かせています。左右交互に上下に揺らすこともあります。
8本脚のアリグモも前脚を浮かせて同様に上下に動かしますが、これはアリの触角の動きをまねてアリにより似させるためと言われています。
一方、ユスリカはなぜ上下に動かすのかは知られていません。前脚に感覚器が埋め込まれていて触角のような働きをするのか、風に揺れる何かに似させているのか、なんなんでしょう。


人を刺さないセスジユスリカ

幼虫時代(赤虫)は小魚などの水中生物の貴重な食料となり、成虫時代はトンボなどの重要な食料になっているユスリカは、食物連鎖の中では定番と言える存在なのかもしれません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2020年07月01日
ジグモの「俺様の巣」

地面に10cm以上の穴を掘って筒状の巣を作るジグモ。糸で作った筒には、周囲の砂粒などを付着させて擬装します。
・・・が、何やら変なものが付いています。


ジグモの「俺様の巣」

自分の脱皮殻www
こんなものを付けたら、ここが名ハンターのわなの設置場所であることは一目瞭然。みんな警戒して近づかないでしょうw
それとも、古き部族が自分の領地の入り口にドクロを据え付けるのと同様に威嚇しているのでしょうか。
まあ、脱いだ殻を外に放り捨てたつもりが入り口に引っかかってしまったのでしょうが、気づけよジグモ!と言いたい次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。