2020年07月10日
ヒメアカホシテントウが羽化

これは6月26日にマサキの木で撮ったヒメアカホシテントウの幼虫やサナギですが、この写真の右下の2匹のうちの1匹が羽化してました。


ヒメアカホシテントウが羽化

羽化したてのみずみずしいヒメアカホシテントウ。


ヒメアカホシテントウが羽化

しだいに、こんな色になっていきます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2020年07月10日
カゲロウの羽化の抜け殻

最近いろいろなカゲロウを見るようになったなと思ったら、マサキの木の葉の裏にカゲロウの羽化の抜け殻がありました。
世の中のカゲロウが羽化の時季を迎えているようです。


カゲロウの羽化の抜け殻

翅の殻も見えるので、亜成虫から成虫になる脱皮だと思います。
ちょうど4年前にも同じようなものを見ました。


カゲロウの羽化の抜け殻

どんどん虫が出てきました。まさに夏です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
2020年07月10日
アリがマユの皮を廃棄

野原風花壇に巣を作っているクロヤマアリを保護観察中なのですが、巣穴の入り口付近にマユの皮が捨てられているのを発見しました。
また、よく見ると羽アリの翅や亡骸も捨てられています。


アリがマユの皮を廃棄

巣の中では、マユからの羽化が始まっているようです。羽化は、働きアリの保育担当個体がマユの皮を切り裂いて行われます。


アリがマユの皮を廃棄

よく大きな石を起こした時にアリの巣の保育室にぶち当たることがありますが、保育担当アリは大慌てで幼虫やマユをくわえて他の場所に緊急避難させます。起こした石を戻すこともできず、非常に困ります。


アリがマユの皮を廃棄

羽アリの亡骸が捨てられています。
梅雨の時期は巣穴の入り口が雨水でふさがるので、晴れている今のうちに巣の中の大掃除なのかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。