2008年06月11日
イタドリハムシを捕食するワカバグモ

薄い緑色をしたワカバグモが、テントウムシのようなイタドリハムシを捕らえました。
ワカバグモは葉の裏で獲物を待ち構え、相手に飛びかかります。
薄い緑色の体は、太陽の光に透けた葉の色に擬態しているというわけです。
さらに体も半透明なので、その徹底度は完璧です。


イタドリハムシを捕食するワカバグモ

口もとに噛み付いているようです。


イタドリハムシを捕食するワカバグモ

この角度で見ると、体が半透明なのがわかります。


イタドリハムシを捕食するワカバグモ

この角度で見ると、いろんな方向に向けられた8個の単眼が怖いですw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
単眼はいつ見ても蓮画像を連想する・・・
Posted by 矢沢氷吉 at 2008年06月11日 22:59
「めだらけ」って恐怖紙芝居を思い出しました。

ぁいさん、質問なんですが、「しじみ」って家で飼えると思います?
Posted by aya at 2008年06月11日 23:09
>氷吉さん
言えるw
あまり気持ちの良いものではないことは確かです。
これがもっと進化すると、複眼になるんでしょうねー。
8個の単眼で見えたひとつひとつの風景を脳で合成しても、風景が蓮のような気がしますw

>ayaさん
シジミの飼育ですか!
さすがに経験はありませんw
最初に考えることは、飼おうとしているシジミの種類が淡水性か汽水性かです。
汽水性の場合、水作りからの開始になると思います。
えさは水中の有機物ですので、手っ取り早いのは金魚と同居させるのもひとつの案です。
水の交換や酸素等は、金魚と同じに考えればいいと思います。
ただ、飼ってもつまんないと思いますよw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年06月11日 23:46
でも、ちょっとくらいは動くよね!!
Posted by aya at 2008年06月12日 11:44
水管に吸い込まれる金魚のフンが観察できるでしょうw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年06月12日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る