2008年07月17日
名前のままのナガチャコガネ

街灯の灯りによく集まってくるナガチャコガネです。
コガネムシにしては体が長く、しかも茶色だというところから名前がきているようです。


名前のままのナガチャコガネ

触角の先を広げて、メスでも探しているんでしょうかねー。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
このムシも本で 見た見た。
甲虫好きの息子の影響で よく図鑑を見るように
なりました。
そこで 質問!
アオカナブンとヤマトアオドウコガネと
ヒメコガネの
見分け方 違いを教えてください。
子供がよく捕まえるのですが
一体 誰なのか わかりません・・・。
よろしくお願いします。

Posted by まりきょう at 2008年07月18日 08:43
>まりきょうさん
日本には約10万種類の昆虫がいるそうなので、学術的な違いはわかりませんw
昆虫の種類名なんて、実物を穴のあくほど見つめて決めるので、接写が必要なわけですw
丸っこいとか平べったいとかいうものを、相対的に比べて定める場合が多いですよ。
Posted by ぁぃ♂ at 2008年07月18日 21:01
ありがとうございます。
子供と図鑑と見比べてみます。
よく見れば見るほど
表情も見えてきて
どんどん 身近な生き物に
はまっていきます。
Posted by まりきょう at 2008年07月19日 21:40
>まりきょうさん
普段見えないものが見えてくると、そこに新しい世界が広がり、その手法のひとつが接写だと思っています。
ぼく自身もどんどん昆虫の世界にはまってますw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年07月19日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。