2008年07月21日
カラスとトンビ〜大ダコ編

以前にイカの口ばしを紹介しましたが、今回は大ダコの口ばしです。
大ダコの口ばしは、珍味で「たこトンビ」「タコトンビカラス」などの商品名で売られています。
この写真は、生の口ばしを煮て取ったものなので、形がきれいに取れました。
でかいだけあって、まわりについている肉も硬く、まさに珍味な次第。


カラスとトンビ〜大ダコ編

以前撮ったイカの口ばしと比較するのは、この写真が似たアングルです。
イカの口ばしは、こちらです。


カラスとトンビ〜大ダコ編

実際のタコの体の中では、このカラスとトンビが抱き合うように組み合わさり、このまわりを口ばしを動かす筋肉が包みます。
口ばしの先のとがった部分で食べ物を切り裂いて、食事をします。
この口の中には舌のような部分があり、そこには内側を向いたトゲ状のものが付いています。
たぶん、この舌のような部分を前後させて食べ物を奥に運ぶのだと思われます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。