2008年07月22日
人も刺しますヤマトアブ

これからの季節、こいつが撮影の敵になります。
よく見るのは複眼が緑色のウシアブですが、これは複眼が褐色のヤマトアブです。体長は、2cmぐらいです。
どちらも音も無く肌に止まって血を吸うので、要注意なのであります。


人も刺しますヤマトアブ

柴犬の体毛はかわいくても熊の体毛はかわいくないように、ミツバチの体毛はかわいくてもヤマトアブの体毛はかわいくないわけですw
羽根の美しさは、ぎりぎり認めることにしますが。


人も刺しますヤマトアブ

部位の容積比のバランスを保ちながらも、なめらかな流線型を描くラインは、メルセデスの車に通ずるところがあります。
世界を相手にするメルセデスがそうであるように、人や牛を相手にするヤマトアブもそうなってしまうのでしょうかw
いずれにせよ、体型だけは見事なのであります。
ガソリンの価格も高騰している昨今、アブもエコ志向で樹液だけ吸っててほしいものです。無理でしょうけど(´・ω・`)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは^^
私は昔山で今まで見たアブの中では一番大きい
名前がわからないアブに2箇所刺されたことが
あります^^;
それ以来大きいアブを見るとすぐに逃げるように
なってしまいました。

Posted by K・A at 2008年07月22日 17:54
>K・Aさん
あるあるあるwww
アブと言えばウシアブだったのに、得体の知れないアブが皮膚にくっついてくると、それはそれは恐怖感爆発なわけです。
毒で寝込むんじゃないかと妄想したり、山という所は怖いのは事実w
Posted by ぁぃ♂ at 2008年07月22日 20:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る