2008年07月25日
姫のミニヒマワリ開花

カタツムリの姫を埋葬した鉢で、ミニヒマワリが開花しました。
(`・ω・´) シャキーンとした姫らしい花で、美人さんです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | カタツムリ〜2008年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリスマスの写真の時に「初めまして」をしたやんです。
母の家庭菜園から小松菜にくっついてきたウチのカタツムリ(どうやらウスカワマイマイ)は、冬眠から覚める事無く、★になっちゃいました。
「そろそろ覚めるかな〜」と思っていると、だんだん身体が萎縮して、殻と身体の間に隙間が出来て行くのが分かりました。
これはダメだったんだな、と、元の畑に埋めてあげました。
その話しを会社の朝礼でしたら、何と!「子供がカタツムリを見た事ないの」という人が。。。
はっきり言って田舎なのに。農薬の関係とかでしょうかね?
ある意味怖い世の中になってきたんだなと思いました。
母にその話しをしたら新たに3匹捕獲してくれたので、前の子の残したカットルボンなどとセットで差し上げました。
これでしばらくはお世話する事もないな〜〜〜と思っていたら。
また来ましたよ、今度も小松菜!!
しかもちっちゃい赤ちゃんデス。
殻が2ミリ位です。ツノ出してもみえない位です。
元々虫食いのある(農薬がかかってない)葉っぱをあげてると、食べてるのか食べてないのか分かりません。
というか、探すの大変です。
これってそれなりの大きさになるのに、どの位かかるんですかねぇ?
Posted by やん at 2008年07月28日 00:28
>やんさん
カタツムリは生涯で移動する距離が小さいため、生息域は限定的で狭いようです。
いるところにはいるが、いないところには全然いないかんじです。
そのあたりが、トンボやチョウのような生き物とは違うところですね。
小松菜畑では、きっと繁殖を繰り返していると思うので、恐らくこれからも毎年見ることができますよw
ウスカワマイマイの場合、大人になると1〜1.5cmぐらいだと思います。寿命は1〜2年です。
ウスカワ以外だと、もっと長く生きる種類もあります。
Posted by ぁぃ♂ at 2008年07月28日 01:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。