2008年08月01日
オオカマキリに見る昆虫の賢さ

オオカマキリ5齢とイエコオロギ幼虫の、現在の大きさの比較です。
オオカマキリのほうが大きくなるのが早いので、その差は広がっていきました。
現在は怖がることなく、堂々と狩りをしています。


オオカマキリに見る昆虫の賢さ

イエコオロギが割りばしを登ってきたところを、すかさず捕えました。
捕らえた後は1段高いところまですり下がって食べ始めるあたりは、さすがです。
片方の後ろ脚とともに腹部を抑えつつ、もう片方の後ろ脚の付け根にかみつくのも、手順としては正しい順番です。
うまく両方の後ろ脚を抑えられたときは、いきなり頭にかみつくこともあります。これも正攻法でしょう。
まず何よりも早く動きを封じる必要があり、物理的にやるか神経的にやるかです。
どこを抑え、どこにかみつくか。これは本能としてもともと持っているものを実行し、そしてさらに学習しているのだと思います。
昆虫の脳は人間の脳と比べるとはるかに小さいですが、いろんなことを考え、いろんなことを学んでいます。
これが理由で、学習能力の高い昆虫は人に慣れる現象も起こります。
ちなみに、ゴミムシダマシは学習能力が皆無のようで、全く慣れませんでしたw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | オオカマキリ二世 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビンの中で飼えるほど大人しいのですねうちのやつは
大暴れして足が折れちゃう事が多いです。
Posted by ☆Mantis☆ at 2008年08月01日 18:00
>☆Mantis☆さん
足が折れるって…w
それは暴れすぎでしょうw
カマキリは基本的におとなしい昆虫ですよ。
かみついたりするのは、気の強い野生の成虫だけです。
あと、体を無理につかんだりすると防衛本能で攻撃してくるのは、どの昆虫も同じです。
手や腕を歩かせてみてください。絶対にかみつきません(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2008年08月02日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る