2008年08月08日
6齢のオオカマキリに見る羽根のもと

脱皮して6齢となってから半日ほど経ちました。
体も硬くなり、同時に6齢になった個体は、すでにイエコオロギを捕食しています。
体の中央部を見ると、小さな羽根の形をしたものがあることがわかります。
これは5齢のころにも確認できますが、6齢になってさらに大きく目立つようになりました。


6齢のオオカマキリに見る羽根のもと

5齢のころは単なる2個の突起でしたが、6齢になるとここまで羽根っぽくなりました。
成虫になると重なってしまう羽根ですが、まったく別の位置からそれぞれ生えていることがわかります。まー、当然と言えば当然ですけどw

あと1回か2回脱皮をすれば、いよいよそれは羽化となり、成虫の誕生となるわけです。
最後の脱皮である羽化のときは、羽根がふくらんでいく神秘的なシーンが見られます。

真っ白い羽根がふくらんでいくシーンは、過去にスズムシとイエコオロギの2種については当ブログでも写真を掲載しましたが、オオカマキリについてはどうなるのでしょうか。
人前でなかなか脱皮を見せてくれないオオカマキリですので、撮影はむずかしそうです。
当ブログにコメントをいただいているいずみさんのところのブログでは、このシーンが見事に掲載されていました。さすがです。
ウチのオオカマキリは、羽化を見せてくれるんでしょうか。
飼育の心地よい緊張感は、まだまだ続きそうです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | オオカマキリ二世 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
終齢ですねここからが長いです。
ぎゃ〜2日分たまっている〜!http://bbs1.aimix-z.com/topic.cgi?room=Mantia91
Posted by ☆Mantis☆ at 2008年08月09日 01:07
>☆Mantis☆さん
これが終齢になるんでしょうかね。
初めての飼育なので、不明ですw
2週間ぐらいは、じっくり観察したいと思います。
Posted by ぁぃ♂ at 2008年08月10日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。