2008年08月23日
フタスジモンカゲロウの羽化

ホトトギスの幼苗の葉の裏で、フタスジモンカゲロウが羽化してました。
羽根の色が透明なので、亜成虫から成虫になる羽化になります。

触れるのも怖いほどきれいな昆虫で、しばらく見とれてしまいました。
羽化したカゲロウは字のごとく、陽炎のように短い命です。


フタスジモンカゲロウの羽化

黒い前脚を前に出して、触角のように見せるお決まりのポーズ。
この前脚は、機能的には触角に近いものを持っています。
フタスジモンカゲロウの亜成虫については、こちらで紹介しています。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すっかりこの生物に魅了されてしまいました。
短い命の羽化シーンは貴重なショットですね。
2枚目は鮮やかな色合いが、ポスカ並みに美しいです。
個人的に大好きな一枚です。しかし、どの写真を見ても、
ぁぃらしい顔をしてますね。あ、愛らしいでしたw
Posted by Yummy at 2008年08月23日 16:36
>Yummyさん
ぁぃらしい顔!? \(◎o◎)/!
ぁぃはかげろうならつかの間の命になるわけで、つかの間の命はぁぃではなくてカゲロウなわけですw
それはともかく、この昆虫は数ある昆虫の中でもトップクラスで美しい昆虫ですね。
Posted by ぁぃ♂ at 2008年08月23日 18:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。