2008年08月28日
交尾直後のカンタンの雄叫び

オンブバッタを草原で探していると、カンタンの声が聞こえてきました。
そっと近づいてみると、なんとオスとメスのペアのカンタンでした。
体制で見ると、下側がオスで上側がメスです。
写真で見ると、左側がオスで右側がメスということになります。
カンタンの交尾は、メスがオスの上に乗って羽根の付け根に頭を突っ込んでいる間に行われます。


交尾直後のカンタンの雄叫び

楕円形の透明なオスの羽根の中に頭を突っ込んでいるメスのようすです。
鳴くためのオスの羽根と鳴かないメスの羽根の違いが、はっきりしています。


交尾直後のカンタンの雄叫び

左側がオスの腹部、右側のふくらんだほうがメスの腹部です。
メスの腹部の先に黄色い球体が写っていますが、これが精球です。
オスは自分の持っている精球を、交尾のときにメスに受け渡します。
このペアは、すでに交尾を終えたペアということになります。


交尾直後のカンタンの雄叫び

交尾を終えても、ルルルルと鳴き続けるオス。
自分の遺伝子を無事に受け渡し、生涯一の祝福の瞬間です。
鳴き声もすばらしいのですが、薄緑色の透明な羽根の美しさは昆虫界でもトップクラスでしょう。

1年に1回会えるか会えないかのカンタンですが、癒し度No.1のカンタンの鳴き声は毎年聞きたいものです。
カンタンについては、以前ここここでも紹介しています。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。