2008年08月29日
ちょっと早いぞミヤマアカネ

涼しくなる秋になると姿を見せるミヤマアカネが、この時季に登場です。
このところの低温で、山から降りてきたのでしょう。
いつもなら9月か10月に現れるのが普通です。

羽根に帯があるのがミヤマアカネになります。
赤やオレンジ色や黄色といろいろな色のミヤマアカネがいますが、基本的には若いうちは黄色です。
年をとるに従って赤くなっていきますが、メスはオレンジ色ぐらいで止まり、オスは真っ赤になります。
羽根まで赤く染まったこの個体は、明らかにオスということになります。


ちょっと早いぞミヤマアカネ

『ぁぃぁぃさん、ピント合ってないお』

すんません… (;´;3;)σ○"
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
赤と〜んぼ♪ 羽をと〜ったらトンガラシ♪

こうやって繁々と見る機会が中々無かったので、改めて見てみると凄く綺麗ですね!
本当は「カッコイイ」と「綺麗」が均等に交じり合ったと言いたいのですが
うまい言葉が見付かりませんでした・・・^^
敢えて私的に表現させて頂くと出撃を待つ赤いゼロ戦 とでも申しましょうか・・・。

トンボと言えば、人造物に出来た直ぐに干上がってしまう水溜りに間違って
産卵しているのをよく見掛けます。
そんな時、ちょっと可哀相とか複雑な気持ちになりますが、もし全部の個体が池などの適した場所に産卵していたら、異常発生や他の生態系が崩れてしまうのでしょうね。
Posted by 氷吉 at 2008年08月29日 02:00
>氷吉さん
「カッコイイ」と「綺麗」が均等に交じり合った言葉なら、「カッキレイ」がいいと思いますw
羽根の長さや幅や角度は、まさにゼロ戦を彷彿させますね。
美しい形の典型的ないい例だと思います。
水溜りへの産卵あるあるw
あれは複雑な心境になりますな。
Posted by ぁぃ♂ at 2008年08月30日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る